FC2ブログ

プロフィール

nicenurse

Author:nicenurse
元看護婦でダーリンの射精管理を楽しんでいます。最近何人か「射精管理して欲しい」って素敵な方が現れて嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秘密のkzさん、あなたの熱い想いを打ち明けてくれてありがとう、とっても光栄だわ。できればあなたもシークレットでなくコメントしてね。
もう一度ここであなたの望むアノ事をコメントしてくれるかしら? それを書いたらもう後戻りはナシよ。その宣言文を自分で口にしながら私に捧げるもの、他の人の記事を読んでコメントしようか悩んでいたあなたにはもう解っているわよね。そう寸止めオナニー。あなたには特別にオナホール(念の為こう書くことにするわね)で5回、私に捧げるのよ。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : ♪♪♪ こんなのいかが? ♪♪♪ - ジャンル : アダルト

コメント

ありがとうございます。
nicenurse様のコメントを目にしたとき、あまりの感激と興奮に全身が打ち震えました。

それでは・・・改めて、

nicenurse様、私の倒錯的な妄想の数々をお聞き下さい。そして・・・そして、私のふしだらな射精を管理して下さい。これからは、誰をオカズにしようと、全ての勃起、全ての射精は皆nicenurse様だけのためにお捧げ申し上げます。私の脳内を支配し、精神を犯しぬいて下さい。お願いします。

上のレスを打ち込んだ後、1時間かけて指示通りにオナホール寸止めオナニーを実行しました。nicenurse様にじっと見守られる前で、オナホールを、スポーツジムの「あの女性」の女性器(今後、どのような呼称を使えばよいでしょうか)に見立て、何度も何度も禁断の挿入を繰り返しました。

私の童貞陰茎は、ローションと我慢汁に塗れて屹立したままです。

nicenurse様、今後ともよろしくお願いします。

かずひこさん、明日からはあなたが私に射精管理されている恥ずかしい姿を、あなたの想いを寄せている女性たちに見てもらいましょうね。
女性器なんて童貞のあなたにはもったいないわ。「私が想い焦がれる女性の秘部」にしましょうね。明日の朝は朝勃がおさまってから寸止めオナニー3回を私に捧げるのよ。早く睾丸が私の精液でいっぱいになるまで精液を溜め込むのよ。

nicenurase様、おはようございます。
今、職場のデスクでこの報告を書いています。

昨夜、オナホール寸止めで恍惚を味わった童貞陰茎は、nicenurse様に捧げられた喜びに、今朝も激しい勃起をしていました。
おさまるのに時間がかかりましたが、風呂場でボディソープを使って、寸止めオナニー3回を無事にやり遂げました。

そうですね、私は童貞なのですから贅沢な呼称は使えませんよね。
「私の想い焦がれる女性の秘部」
今、心の中で何度も繰り返しつぶやきながら、視線の先では同僚女子職員のブラウスの背中から透けるブラジャーを見てしまっています。nicenurse様に捧げるべき精液が次々に製造されてゆくかのようです。

いつもnicenurse様に見守って頂いているという安心感と心地よさ・・・

私は今、とても幸せです。

nicenurse様、こんばんは。

今日、帰りに新しいオナホールを購入してきました。ホールの内部に無数の突起が出ているやつです。それを使って先ほど行った寸止めオナニーの報告を致します。

ホールの中から溢れそうなローション。ヌメヌメにてかって糸を曳く挿入口。
私は、右手に「私の想い焦がれる女性の秘部」を握り、左手と両膝を支点に四つん這いの体勢から上体を反らします。

ぐっと腰を突き出すと、私の童貞陰茎の先端が「その部分」に触れます。
クチャ・・・という接触音。ひんやりとしたローションの感覚が私の欲情を無限にかきたてます。

私は声に出してつぶやきました。
「nicenurse様、かずひこは今から貴女のために、オナホール寸止めオナニーを開始します。私の想い焦がれる女性の秘部に、nicenurse様の童貞陰茎を挿入します。私のこの恥ずかしい姿をご覧ください・・・」

震えながら右手に力をこめ、ズブズブ…と挿入を果たします。息を止め、迷わず奥まで一気に…

非貫通型のホールの最奥に亀頭が密着するほど挿し込みます。
「・・・・・・・・・・・・・・・!!」
あまりの感触に動けません。nicenurse様に捧げた童貞陰茎は、最初の半擦りで早くも限界を迎えてしまっていたのです。
おさまるのを待って、ゆっくりゆっくり右手を前後に動かしました。そしてほどなくまた寸止め・・・。

nicenurse様…niscenurse様…と、かすれる声で何度も訴えながら寸止めオナニーを繰り返しました。
結局、30分に渡り倒錯にふけった私は計7回の寸止めの挙句、想い焦がれる女性の秘部から童貞陰茎を引き抜きました。

明日は、5日ぶりにスポーツジムに行ってきます。何か指示があればよろしくお願いします。

かずひこさん、いやらしいオナホール寸止めね~素敵だわ。特に私の名前を口にしながら寸止めを繰り返しただなんて…私が悦ぶツボを知っているわね。

ちょっとタイミングを外してしまったかもしれないけど、スポーツジムでは女性の汗の匂いをいっぱい吸ってくるのよ。それに「あの女性」の「その部分」を穴があくほど凝視していらっしゃい。

なんて書いたけどきっとあなたはそれを実行していると思うわ。帰ったらさっきまで目の前にあった「想い焦がれる女性の秘部」を想像しながらオナホール寸止めを私に捧げること。

nicenurse様、遅くなりました。これから報告を致します。今日の興奮をあますところなくnicenurse様に伝えようとするあまり、ともすれば気ばかりが焦って上手くキーボードを叩くことが出来なかったのです。
ようやくコメントもまとまりましたので、お読み下さい。

スポーツジムの「あの女性」は今日もさわやかな笑顔で私を迎えてくれました。
白いポロシャツに紺色のスパッツ…射精管理生活に入ってから初めて眺める若い肢体に、哀れな童貞陰茎は一瞬で勃起しました。

更衣室で着替えてからも勃起はおさまりません。筋トレマシンを型通りにこなし、今日の指定席に直行します。そう、エアロバイク…実はそこからはガラス張りのスタジオが見渡せるのです。今夜、「あの女性」はそこでエクササイズプログラムの指導を行うことはチェック済みでした。私の15分間の妄想がスタートします。

インカムを付けた全裸のインストラクター。
ぷりぷりに張った上向き生乳房。
アスリート特有の引き締まった筋肉質の両脚。その付け根に、「私の想い焦がれる女性の秘部…」私はペダルをこぐのも忘れ、「秘部」を凝視し続けたのです。
私は胸の中で彼女に禁断の告白を行いました。

「○○さん、私は童貞です。nicenurse様という素敵な女性に、射精を管理してもらっています。シャセイカンリ…シャセイカンリ…オナホール寸止めオナニーを繰り返す、この変態童貞陰茎を見て下さい…。あなたの、その、「女性の秘部」を想像させてください。そして、何度も何度も寸止めオナニーのオカズになってください・・・。」

家に帰ってから、風呂場で、全身ソープまみれのまま、nicenurse様のお名前を声に出しながらオナホール寸止めオナニーを10回行いました。まだ陰茎が熱をもっている感じです。

このコメントを書くのにとても時間を費やしてしまいました。私がいかに異常なまでの性的欲求をもっているかをnicenurse様に訴えたくて、つい長くなってしまいます。何かアドバイスがあればよろしくお願いします。

今後はもっともっと、nicenurse様の卑猥なセリフで私の精神を蹂躙しつくしてほしいと思います。勝手なお願いで申し訳ありません。

それではおやすみなさい。



かずひこさん、あなたのそのいやらしい想いが「あの女性」に届くといいわね~。でもあなたのその視線、彼女は感じていると思うわ。それに…あなたが私に射精管理されてもはや自由に射精できないこと、気付いているかもよ~。スタジオの中からあなたに向かって挑発したポーズを取っていなかったかしら? もう一度よ~く思い出して、今日もあなた専用のオナホールで寸止めを私に捧げなさい。

こんばんは。nicenurse様。というか、もう明るくなってきました。頭の中が妄想でいっぱいになり、睾丸にもnicenurse様の精液が溢れかえるほどに溜まって、たぷんたぷん音を立てています。

よく思い返してみました。確かにnicenurse様のおっしゃる通り、気づいているに違いありません。あれほどの卑猥な視線を浴びせ続けたのですから…

先程まで、オナホール寸止めオナニーをnicenurse様に捧げておりました。

あの女性の「私の想い焦がれる秘部」についての妄想(色や形、陰核など)を告白させられながら、目隠しをされたまま、nicenurse様の前に童貞陰茎を思い切り突き出し、オナニーを披露いたしました。

早漏の私は、一擦りごとに襲ってくる射精感と戦いながら、お慕いするnicenurse様のために10回の寸止めを行いました。

今度ジムへ行くときは、女性用の下着をどこかで購入し、それを履いて行こうと考えているのですが、いかがでしょうか。

少し仮眠をとってから、また寸止めオナホールオナニーを捧げ、それから仕事に行きます。

かずひこさん、目隠し寸止めオナニーは良いアイデアね~。「想い焦がれる秘部」の色や形をいっぱい妄想できそうだもの。でもね…本当はあなたが「想い焦がれる秘部」の「ぬめり」や「匂い」が素敵なのよ~。できるだけ想像と淫茎を膨らませて、オナホール寸止めに励むこと。わかった?

女性用下着を着用している恥ずかしい姿を「あの女性」に披露したいのね。いいわよ。「あの女性」が喜んでくれるような、素敵な下着を買ってくるのよ。

こんにちは。nicenurse様。
そうなんですよね、「ぬめり」と「におい」。
哀れな童貞の私には、その感触をオナホールでしか味わうことが出来ません・・・
でも私は今幸せです。私にとっては、オナホールの挿入口が「想い焦がれる秘部」そのものであり、毎日繰り返す寸止めオナニーは、敬愛するnicenurse様と唯一心と心をまぐわせることが出来る、至福の性儀式なのです。

今朝もオナホール寸止めオナニーを10回捧げました。必死で射精を我慢しました。歯を食いしばりながら、泣きました…。

nicenurse様、今まで一度も女性と交際した経験のない30男の、この涙の意味がわかりますか?こんな私をこれからも優しくお導きくださいますでしょうか。

今から女性用下着を買いに行きます。
周囲の女性から好奇の視線を浴びながら、陰茎を勃起させて下着を購入している私の姿を想像してください。
夜にまた、報告をさせていただきます。

他の方で、画像を見てもらっている方がいるようなのですが、どうすればよろしいのでしょうか?

かずひこさん、あなた1人のむなしい作業だったものが、今では私との素敵な共同作業になったでしょう? それはまさにあなたの書いてくれた心を通わせる性儀式ね。

女性用下着は買えたのかしら? それを見ていやらしい妄想をかき立てながら、買う時の恥ずかしさを思い出しながら寸止めオナニーを私に捧げてね。もしまだ買えてないのだったら…明日の朝まで淫茎刺激はなしよ。

画像はみんなどこかへ(ヤフーのブリーフケースとか)アップしてくれて、そのurlをシークレットコメントで教えてくれるの。

こんばんは。nicenurse様。

買ってきました。女性用下着。しかも2着。
デパートの下着売り場に1時間近くもいる男は、そうはいあにはずなので、明らかに不審者扱いでした。
しかし、その恥ずかしさは大きな快感となって、童貞陰茎を刺激し、物色している間中、ずっと勃起していました。
若妻風の女性の汚いものでも見るような視線。
半裸に近い服装で派手な下着を選んでいった20前後のギャルに、浴びせられた一言、「つーか、お前変態だろ」
彼女の言葉に、私は犯されたような感覚を受けました。

私が選んだのは、ベージュと赤い色のつるつるした感じの生地の下着で、とてもセクシーなものです。出来れば、明日、画像をアップしたいと考えています。

購入時、女性店員に、
「贈り物ですか?」と笑顔で聞かれました。
「いえ…」
股間を膨らませ、荒い息遣いで目をギラつかせながら女性用下着を購入する私に、彼女は急に警戒の色を濃くしたようでした。

私は彼女と妄想の中で会話を交わします。
「コレでオナニーするの?」
「はい…。自分で履いてオナニーします…」
「ヘンタイ…あなた、女とシタことないんでしょ?」
「はい…その通りです。でも、今はnicenurse様という女性に射精を管理してもらっているんです。」

帰り際に、トイレで寸止めオナニーを2回捧げてきました。

帰ってから、すぐに履こうとしたのですが、次にジムにいくまでは・・・と、まだ封を切っていません。nicenurse様の指示を待ちたいと思います。

夜には、今日のスリルを思い出しながら、思いつく限りの女性の肢体を思い浮べて、オナホール寸止めオナニーを10回行いました。
かなり、限界に近くなってきた感じがありますが、nicenurse様の許可が下りる日を楽しみにこらえました。

ご期待にそえるように頑張ります。

かずひこさん、素敵なお買い物ができたのね。もちろんまだ封を切ってはダメよ。あなたが言う通り次回ジムに行く時まで我慢しましょうね。それまでは昨日の買い物を思い出して寸止めオナニーを頑張りなさい。
ジムにはいつも何時間くらいいるのかしら? 女性用下着を着用した恥ずかしい姿を「あの女性」に披露した後で、ジムの個室トイレで射精するのはどうかしら? その後妙にすっきりした姿も「あの女性」に見てもらうのよ。
それとももっといやらしいアイデアがあるかしら?

nicenurse様、射精を許していただけるのですね。ありがとうございます。

ジムには木曜日に行く予定です。たいていは2時間あまりいます。
たっぷりと、女性用下着を着用した恥ずかしい姿を晒したあとで、思い切り精液を吐き出したいと思います。

そうですね、せっかくですから、これ以上ない倒錯的なシチュエーションで射精を行えるようなアイデアをじっくり考えたいと思います。

昨夜は、3時間、オナホールに陰茎を挿入しっぱなしでした。今朝も欠かさず、nicenurse様に捧げる聖なる寸止め儀式を10回行いました。

物凄い量の精液が溜まっているはずです。
木曜日まで、陰茎刺激禁止にしたほうがよいでしょうか?

かずひこさん、それはもちろん木曜日まで淫茎刺激禁止が望ましいと思うわ。それに加えて乳首刺激と睾丸揉み揉みは欠かさないようにね。木曜日に我慢の限界がくるよういっぱいいけない事を妄想すること。わかった?

あなたの射精披露宴をもっといやらしいものに演出してくれるアイデア、楽しみに待っているわよ。

nicenurse様、本当にごめんなさい。

2日連続で明け方まで仕事がかかってしまって、報告を怠ってしまいました。
言いつけはきちんと守っています。
ただ、今日行くはずだったジムには行けそうもありません。
残念ですが、金曜日以降に延期します。

自分への罰として、陰茎刺激禁止をそのまま続けます。

私のシナリオはこうです。
女性用下着を着用して家を出る。
ジムでたっぷりと「あの女性」を視姦したあと、トイレの個室で寸止めオナニー5回を繰り返したあと、すぐに「あの女性」のところに行って、何か質問するのを装って、女性用下着の中で射精寸前の童貞陰茎を見せつけ、会話中最低一回は股間に手を添える。
そのあと、またトイレに戻り、すぐに射精。

ジムを出て、しばらくして人妻専門デリヘルに連絡。
ホテルでデリ嬢のお姉さんに、いままでの全てを告白し、感想を述べてもらう。

私の恥ずかしい格好を写メに撮ってもらい、その後、約1年ぶりの生の女性の感触を貪りながら3回の射精に挑戦する。

射精時には必ず、「nicenurse様~!」と大声で訴えながら果てる。

以上を土曜日に決行したいと思っています。いかがでしょうか。

あと、ブリーフケースに画像をファイルをアップしました。まだ、私の願望をイメージした画像しかありませんが、近いうちに「その時」の画像をアップしたいと思います。
シークレットでURLを通知します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かずひこさんへ、なんていやらしくて素敵な射精披露なのかしら。あなたの「あの女性」への視線を感じるくらいよ。それにデリ嬢のお姉さんにあなたの恥ずかしい告白をするのもいいアイデアだわ。ちゃんと射精しているところも写真に撮ってもらいなさい。

私から言ってあげる、射精披露宴を実行するまでクリオチンコ刺激は一切禁止。触れないもどかしさで尿道口から涙をながして悦んでいなさい。

乳首刺激と睾丸揉みは毎日忘れちゃダメよ。

nicenurse様、ありがとうございます。
気に入って頂き、とても光栄です。

この2日間、完全に刺激を封印されている哀れな「クリオチンコ」は、さらに感度が増して屹立し続けています。
まどか様への書き込みをご覧になってくださったのですね。本当にありがとうございます。
nicenurse様の深い愛情に包まれている我が身の幸せ…ああ、うれしいです。

乳首刺激と睾丸揉みは、毎日全裸で行っています。立ったまま、指先で乳首をつまむと、自然と腰が前に突き出されます。
空気にすら快感を求めようと、クリオチンコは空中ピストンを繰り返します。
その後は、睾丸を揉み解し、nicenurse様の大切な精液が充満しているのを確かめます。

もしかしたら、土曜も仕事になるかもしれません。ただ、日・月は連休のため、必ず実行します。楽しみにお待ちになっていてください。

かずひこさん、今もクリオチンコは得られない刺激を求めてヒクヒクしているのかしら? もうすぐあなたの恥ずかしい姿を「あの女性」に見てもらえるわね。土曜日か日曜日か月曜日か…いずれにしてもあなたの射精披露宴、楽しみに待っているわ~。

nicenurse様、こんばんは。

今、全裸でコメントを打ち込んでいます。
nicenurse様への一語一語を考える度に、カチカチに肥大したクリオチンコが悲鳴をあげます。
日曜日か月曜日、いよいよ私が初めてnicenurse様に捧げる射精披露宴が幕を開けるのですね。今も念入りに睾丸マッサージを施しています。

出来れば、nicenurse様に、その日着用する下着をどちらか選んで頂きたいと思っています。
画像アップしておきますので、よろしくお願いします。

かずひこさん、ちゃんと全裸でコメントを書いているのね、嬉しいわ。その気持ちが大切よ。それに股間にそびえ立つモノはな~に? いやらしいクリオチンコになってきたわね。それを「あの女性」に見せつけてから、トイレでクリオチンコを猛烈に扱き上げることになっているのよね。素敵よ。

あなたが「つーか、お前変態だろ」と言われてまで購入した下着の写真、楽しみにしているわ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かずひこさん、ごめんなさいね。ダーリンにも見てもらったのだけどブリーフケースの中のファイルフォルダには「何も入っていません」って表示されるの。

もし今回写真の表示がうまくいかなければ、赤の下着を着用するのよ。爆発しそうなクリオチンコを、小さな女性用下着に押し込めるあなたの姿、目に浮かぶわ。

nicenurse様、ご迷惑をおかけします。
でも、私が別のIDで見ると、ちゃんと見られるのですが・・・何が原因なのでしょう。

フォルダのタイトルは「nicenurse様に捧げる画像」というふうに表示されているでしょうか?

わかりました。もし、間に合わなければ赤い下着の方を着用します。
Tバックで、前の布の部分もとても小さな三角形で、勃起したクリオチンコは完全にはみ出るでしょう。

その先から溢れ出すクリ汁が、薄手のジャージに作る染みに、「あの女性」は気づいてくれるでしょうか。

今からデリヘルのHPで、指名するデリ嬢のお姉さんを選びます。

nicenurse様のような、優しく慈愛に満ちた女性が指名出来るといいのですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かずひこさん、二つ目のurlでちゃんと見られたわ~。あなたの願望も「あの女性」のイメージもね。それに下着はBの赤いので正解よ~。

赤い下着からはみ出す程に勃起したクリオチンコに「あの女性」はどんな顔をするのかしら? それにその後のデリ嬢のお姉さんはあなたのいやらしい告白にどんな反応をしてくれるのかしら? あなたの報告楽しみに待っているわ。

nicenurse様。こんばんは。
今日は一日、仕事の疲れを癒しながら、明日に迫った射精披露に向けて、心身ともに万全の準備を整えていました。

画像を見てもらえることが出来てとても良かったです。今まで誰にも晒したことのない密やかな性的願望…それをnicenurse様に見ていただける…
私の精神が、nicenurse様の優しく卑猥なお言葉で何度も何度も犯される…そう思うと、狂おしく勃起したクリオチンコは灼熱の肉柱と化し、濃縮された先走りの歓涙を延々と垂れ流します。

明日の射精が終わっても、nicenurse様の射精管理を受け続けます。
そしていつか、童貞喪失の瞬間を見届けて頂きたいと考えています。

明日は、最後の乳首・睾丸マッサージを終えてから、赤い下着を身に付け、10時に家を出ます。その後は…

夜には報告のコメントと画像をアップ出来ると思います。

指名予定のデリ嬢のお姉さんをフォルダに入れておきました。どうかご想像してください。

かずひこさん、もう今頃はスポーツジムのトイレで猛烈に寸止めオナニーをしている最中かしら。デリ嬢のお姉さんもスレンダーで美人そうな人ね~。白い服が一瞬白衣に見えたわ。あなたの変態性癖を晒してらっしゃいね。
夜の報告、楽しみに待っているわよ。

こんばんは、nicenurse様。

今日はとても言葉では表現出来ないくらい、倒錯的な一日となりました。
自分が自分でないような、頭がフワフワして、ずっと夢の中にいるかのようでした。

まず、ジムでは、入ったとたんに「あの女性」によって出迎えられ、早くもクリオチンコは小さな女性用下着では覆い切れないほど激しく勃起しました。

その後、着替えを済ませ、はやる気持ちを抑えながら、しばらくは真面目にトレーニングを行いました。
一汗かいたところで、ベンチでドリンクを飲みながら「あの女性」へと視線を這わせます。
こちらに引き締まったお尻を向け、他の女性に指導をしていました。

ああ、あのお尻にこのままクリオチンコを押し付けて射精したい。みるまに血液が一箇所に集まってきます。
それから15分ほど、「あの女性」の胸・顔・下半身をまんべんなく眺めまわし、トイレの個室でクリオチンコを露出しました。
もうすでにねっとりと糸を引いていました。

寸止めオナニーを始めましたが、一擦りで漏れそうになります。
歯を食いしばりながら5回の波に耐え、再び「あの女性」の姿を求めてトイレを出ました。

今度は、射精寸前に膨れ上がった恥ずかしい、女性用下着をまとったクリオチンコを目の前で晒すのです。
フロアに戻る途中で、「あの女性」にすれ違いました。
ニコリと愛想笑いをして通り過ぎようとする彼女に、私は声をかけました。

「ちょっと足がつりそうになっちゃいました…」
「休み休みやってくださいね。」
他愛ない世間話を交わしながら、私は高鳴る鼓動を隠しながら、クリオチンコの上に手を這わせます。
一瞬、「あの女性」の視線がそこに注がれます。
おそらく異常なまでの勃起に気づいたはずです。慌てて目をそらし、またにこっと笑って行ってしまいました。

私はそのままトイレに直行し、個室のドアを閉めると同時にジャージと下着を引き剥いて、クリオチンコを露出しました。
そのとたん、
「ビュッ ビュッ」と音を立てて射精が始まりました。
あまりの勢いにほとんどが便座の上蓋にかかってしまいました。

その後は、余韻を楽しむように、夥しい精液を吐き出した童貞クリオチンコをなでながら、nicenurse様のことを想いました。
これほどの快楽を与えてくださった nicenurse様、私は改めて貴女への忠誠を心に誓いました。

デリ嬢のつばさサンとのプレイもとてもいやらしく、興奮したものとなりました。
画像は私が全てを告白した直後に撮ってもらったものです。
彼女はとても大人で、優しい女性でした。
私の恥ずかしい告白を、じっと姉のような眼差しで聞いてくれ、私の性癖を理解してくれたのです。
本当は、オナホールを使ったプレイや射精時のクリオチンコも写すつもりでしたが、あまりに熱中するあまり、チャンスを逃してしまいました。申し訳ありません。

結局、ホテルでは2時間で3回の射精を成し遂げました。
心身ともに空っぽになった感覚、放心状態とはあのようなことを言うのでしょう。

まとまらない報告ですが、とにかく、nicenurse様に、最高の射精を捧げることが出来てとても光栄です。
本当にありがとうございました。
そして、これからも宜しくお願い致します。

かずひこさん、とっても変態チックで素敵な射精披露宴だったのね。異様なまでに膨らんだクリオチンコに注がれた「あの女性」の一瞬の視線、最高に興奮したでしょ? それに…あまりの興奮にクリオチンコを扱くこともなく射精しただなんて素敵すぎるわ。

つばささんにもちゃんとあなたの性癖を披露できて、しかも3回も射精させてもらえて良かったわね~。どんなふうに3回射精させてもらったのか、報告するのよ。それにしてもいやらしい素敵な写真だわ~。

今日は昨日を思い出して、あなたの手で3回以上の射精を私に捧げなさい。全ては次の射精管理のためのものよ。射精の快楽をいっぱい身体に憶えさせなさいね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。