FC2ブログ

プロフィール

nicenurse

Author:nicenurse
元看護婦でダーリンの射精管理を楽しんでいます。最近何人か「射精管理して欲しい」って素敵な方が現れて嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たろうさんへ1

たろうさん、毎日オナニーしていたあなたが射精管理を憶えると…癖になるわよ。それでもその世界に一歩足を踏み出してみるのなら、あなたも射精管理して欲しい事をここでお願いするのよ。もちろんあなたの性癖や最後の射精日(今日かしら(笑))もね。
それが終わったら寸止めオナニー3回を私に捧げなさい。就寝前、起床時、外出前の寸止めオナニーは欠かさないこと、できるかしら?
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : ♪♪♪ こんなのいかが? ♪♪♪ - ジャンル : アダルト

コメント

ありがとうございます。

スレ立てていただいて嬉しいと同時に凄く緊張してます。もう逃げられないんだと思うとドキドキします。射精管理を覚えると癖になる…。今の僕には想像もできませんが、興奮します。勇気を出して一歩を踏み出してみたいと思います。nicenurseさま、どうか僕に射精管理の喜びを教えてください。よろしくお願いします。
最後の射精日は、昨日です。正直に言います。昨日、ここの記事をおかずにして、抜いてしまいました。申し訳ございません。僕の性癖はかなりかわっています。女性の「~しなさい」という命令口調に異常に興奮してしまうんです。目覚めたのは中学生の頃。ですから、中学、高校時代の僕のおかずはテスト用紙でした。テストの問題って、「次の問いに答えなさい」って感じで命令口調で書かれていますよね?女の先生が作った問題だったら、それだけで興奮してしまいます。女の人の裸の写真を見るより、エッチなビデオを見るより、テストの問題用紙が一番興奮したんです。とんでもない変態ですよね…。
だから、こうやってnicenurseさまに命令していただけることが嬉しくてたまりません。でも命令されて興奮するのに射精はできない…。この生殺しのような状況にどこまで我慢できるか、わかりません。頑張りますので、よろしくお願いします。長くなってしまってすいませんでした。
今から寸止めオナニー3回、させていただきます。

ありがとうございました。

寸止めオナニー3回、させていただきました。今までから寸止めオナニー自体はしてましたが、必ず最後は射精してすっきりしておりましたので、今は正直かなり辛いです。でもnicenurseさまについていくと決めた以上、我慢します。
明日の朝も、射精をお許しいただける日の幸せを思い描いて、寸止めオナニーさせていただきます。今日はありがとうございました。

たろうさん、射精管理の悦びを知りたくて寸止めオナニーを私に捧げたのね、もう逃げられないわよ。私があなたの射精を管理してあげるから、私が命令するまで射精は我慢しなさい。
それにここ最近の射精しなかった期間で一番長いのは何日ぐらいか正直に答えなさい。

ああ、nicenurseさま、ありがとうございます。射精管理していただくのは初めてのことなので本当に興奮します。昨日の夜は、布団に入った後もあそこが元気でなかなか寝付けませんでした…。今朝も少ししごいただけですぐビンビンになってしまいました。朝からオナニーすることは今までほとんどなかったので新鮮でしたが、やはり射精できないのが辛かったです…。
最近で、最も長く射精しなかったのは3日ぐらいでしょうか。そのときも仕事が忙しくてほとんどオナニーに意識がいかなかっただけなので、したいと思ったときはいつでもしてました。まるでサルみたいですね。今回のように自分の意思で我慢するのは初めてです。だから射精禁止期間が3日とかを超えると我慢できる自信がありません。そんなこと言っても、nicenurseさまに命令されない限り絶対に射精できないんですよね。自分の置かれた立場がやっとわかってきました。相当の覚悟を持たないとダメですね。頑張りますので、よろしくお願いしたします。

たろうさん、もはや射精はあなたの意思で我慢するのじゃないのよ。あなたの射精はもう私の管理下、私の意思で決定されるもの。間違えないで。反省しながら利き腕と違う方でお詫びの寸止めオナニーをしなさい。
今まで3日もあけずに射精していたの? サルだと言われてもしかたないわね~。もし月に1度しか許されなかったら1年で12回しか射精出来なくなるのよ。射精管理って素敵でしょう?
このコメントを読んでお詫びの寸止めオナニーをしたら、その後24時間は淫茎に刺激を与える事は禁止。風呂、トイレでの必要最低限の接触だけは許してあげる。サルのように射精を楽しんできたのに淫茎にも触れないだなんて…あなたは嬉しくて尿道口から透明の涙を流して悦んでくれるわよね。

申し訳ありませんでした。

自分の意思でどうにかなると思っていた僕をお許しください。まだまだ考えが甘かったです。反省の印に、お詫びの寸止めオナニーを捧げさせていただきました。左手でしたことは過去にもありますが、なかなか自分の思い通りに調節できなくて難しかったです。特に2回目のときはもう少しでいきそうになってしまいました。いってしまったらnicenurseさまに捨てられると思い、必死で抑えました。
もし1ヶ月に1回しか射精を許可していただけなかったら…僕はどうにかなってしまいそうです。しかも、連日の寸止めオナニーで僕のあそこははちきれんばかりになっているのに…。
そんな状態で、今から24時間は触れることも禁止なのですね。正直に言って、耐えられる自信がありません。でも、僕の射精はすでにnicenurseさまのもの。それを肝に銘じて、勝手にnicenurseさまのものに触れることがないよう、気をつけます。

たろうさん、パンツやズボンの上から触るのも禁止よ。刺激は22日月曜日の14:30まで一切ダメ、わかった? 目の前にあるのに、勃起しているのに扱けない刺激を与えられない苦しみが私への想いをより強くしてくれるのよ。嬉しいでしょう? あなたが明日淫茎に触れるようになった時には私に感謝して寸止めオナニーを捧げなさい。わかった?

すぐにコメントくださり嬉しいです。ありがとうございます。まだ23時間以上あるのに、もう我慢できなくて勃起しっぱなしです。さっきちょっと見てみたら、先から出ている涙でパンツが濡れていました。もうすでにnicenurseさまへの想いで胸がいっぱいです。
ああ、そして、nicenurseさまのコメントを拝見して、絶望にも近い感情が生まれました。明日、刺激を与えることが解禁されても、やはりまだ射精は許されないのですね…。いつ射精許可をいただけるかもわからない、先の見えない絶望感に襲われております。
僕の大好きな命令口調で指示を与えてくださるnicenurseさま。nicenurseさまのおかげで僕は極度の興奮状態に陥ってしまいます。でもその興奮状態の中で陰茎に触れることさえ許されないもどかしさ。僕の頭の中はnicenurseさまのことでいっぱいです。こんなにもnicenurseさまのことを想わせていただけるなんて幸せです。ありがとうございます。
毎回長いコメントで申し訳ありません。読むのが面倒ならおっしゃってください。

たろうさん、興奮が伝わる文章だから長くても全然平気よ、というか逆に嬉しいわ。それに…もう尿道口から涙を流しているの? 先は長いから覚悟しなさい。
もちろん射精はさせてあげるわ。でもそれは私の為の射精であってあなたの快楽の為ではないのよ。何度も何度も素敵な言葉で射精をお願いするようになるまで精液を溜め続けなさい。

nicenurseさまのコメントを読むだけで、とどまることなく涙が溢れてきます…。「先は長いから覚悟しなさい。」このお言葉だけで、本来ならすぐに射精できるのに、今は触ることすらできません。これは僕にとってはある意味拷問に近いです。
まだ、僕は自分の快楽のために射精を求めています。こんなことでは射精できる日はまだまだ遠いですね。その辺りの意識改革から始めないといけません。nicenurseさまにこうやって躾けていただけて、嬉しいです。1日でも早く、nicenurseさまのために射精を捧げられる日が来るように頑張ります。
もう少ししたら出かけます。勃起しっぱなしなのですが、ズボンの上からわからないか、とても心配です。晩には帰ってきますので、またここで報告させていただきます。

あら、たろうさん、街の若い女性たちに射精管理されているあなたの姿を披露しに行ったのね。薄着の女性に目がいったでしょう? その時何を思ったのかしら、正直に報告しなさい。

ただいま帰りました。

はい、nicenurseさま。射精管理されている僕の姿を、街を歩く女性たちに見てもらいにいきました。若くてきれいな女性を見るたびに、僕は帰ってもオナニーできないんだ、射精はおろか、陰茎に触れることすらできないんだと思い、泣きそうでした。
帰ってきて、今またnicenurseさまのお言葉を拝見して、下半身を元気にさせながら切ない思いにかられています。
それと、ひとつnicenurseさまにお伺いしたいのですが、風呂、トイレでの必要最低限の接触以外はお許しいただけないんですよね?実は、昨夜からの寸止めオナニーの影響もあって、僕の陰茎はちょっとしたことでズボンの中ですぐに元気になってしまいます。最初にも書きましたが、僕は恥ずかしいことに包茎なので、勃起すると亀頭の先が少し顔を出してズボンにすれて痛いんです。だから、いつも陰茎の位置を手でなおすのですが、それも禁止でしょうか?もし禁止なら、僕はかなり命令違反をしてしまったことになります。今日も何回も位置をなおしてしまいました。nicenurseさまの許可もなく勝手なことをしてしまい、申し訳ありませんでした。どうかお許しください。

たろうさん、痛みを憶えるのなら仕方がないわね。淫茎の一を直すのは必要最低限の接触という事にしてあげるわ。
街で女性たちに射精管理されている姿をいっぱい見てもらえて良かったわね。触われもしない淫茎には良い刺激になったでしょう? 後17時間、刺激を与えられない辛さを楽しみなさい。

ありがとうございます。最低限の接触と認めていただいてホッとしています。本当は痛みに慣れさせていかないととは思うのですが…。
街で女性たちに見られたのは本当に恥ずかしかったです。向こうは僕が射精管理されていることなんて知るはずもないのに、ひとりで勝手に興奮していました。精液のたまっている陰茎には辛すぎる刺激でした。あと17時間…長いですね。。。

たろうさん、明日は朝勃ちで目が覚めると良いわね。でもまだその時も触れないのよ~。その後は街に出かけるのかしら? また射精禁止で苦しんで悦んでいる姿を若い女性たちに見てもらえるわよね。その時も触れないのよ~。
今夜は若いアルバイトがいるコンビニに雑誌でも買いに行ったらどう?

お風呂

今、入浴してまいりました。nicenurseさまの物となった僕の下半身をきれいにしてきました。そのとき、いつも以上に念入りに洗おうと思い、皮をむいていると、それだけでみるみるうちに勃起し始めました。ギンギンに勃起した亀頭に石鹸の泡をつけ、シャワーで洗い流しました。触ると痛いのでここまでが限界です。
そして、このあと僕はとんでもない罪を犯してしまいました。洗い終わった後も、皮をむいたときに勃起した快感をもう一度味わいたくて、湯舟の中でまた皮をむいて楽しみました。しかも2度も!お風呂では触ることを許されているとはいえ、これは明らかに必要最低限の接触ではございません。nicenurseさまの陰茎で勝手に遊んでしまったわけですから、許されることではありませんよね。でも、本当に反省しています。以後、同じ失敗は絶対に繰り返しませんので、どうかお許しください。お願いします。
最初はこのことをだまっておこうかとも思ったのですが、僕の陰茎と射精を管理してくださっているnicenurseさまに隠し事をするなんて許されないことだと思い、正直に申し上げました。本当に申し訳ありませんでした。

明日は、朝から仕事です。僕は平日の昼間に働いておりますので、その間はここにお返事さしあげることもできません。お許しください。今の調子だと、明日の朝は確実に朝勃ちです。それでも触れない、その苦しみを楽しませていただきます。仕事から帰ってきたら、ここでnicenurseさまの指示を拝見して、それに従わせていただきます。いよいよ陰茎に刺激を与える許可がいただけるのでしょうか?楽しみです♪
あ、コンビニは、やはり行った方がよろしいでしょうか?かなり恥ずかしいのですが、ご命令なら今から行ってまいります。もう入浴も済ませましたので、可能であればコンビには明日にしていただきたいのですが…。生意気言って申し訳ありません。

たろうさん、快楽を求めて触るのはいけない事よ。反省しているから軽い罰にしてあげる。明日14:30以降も淫茎刺激禁止、最長24時までに延長あり。
出社して若い女性にたくさん出会って悶々として帰って来たらコメント書くのよ。その内容によってはすぐに淫茎刺激を許可(射精じゃないわよ)してあげるかも。軽い罰でしょう?
コンビニは明日で良いわよ~。

罰を与えていただいてありがとうございます。気がひきしまる想いです。いけないことをしたら罰を受ける。当然のことですが、nicenurseさまに管理されていることを実感できて嬉しささえ感じてしまいます。とはいっても罰の内容はやはり辛いです。罰なのだから辛くないと意味がありませんが…。でも罰をいただくようなことをした自分の責任。14:30以降も刺激は決していたしません。
コンビニ、明日にしていただいてありがとうございます。

たろうさん、明日14:30以降は<本当なら触ってもいい時間なのに…>って反省しながら悶えるのよ。帰宅後のコメント楽しみに待っているわ。

はい、もちろんです。もう2度と同じ失敗を繰り返さないために、しっかり反省させていただきます。
今日はそろそろ休ませていただきます。今日は1日のうちかなりの時間勃起していたように思います。もちろん今も…。こんな状態のまま射精せずに眠りにつくなんて、昨日までの僕なら考えられませんでした。新しい刺激を与えてくださったnicenurseさまに感謝しながら、布団に入らせていただきます。おやすみなさい。

今日は大変でした。その前に昨日の夜です。布団に入ってからも下半身がむらむらしてなかなか眠りにつけず、辛かったです。そして今朝、思ったとおり見事に朝勃ちしていました。でも触ることは許されていない…。朝はそんなに強くない僕ですが、興奮ですぐに目が覚めました。そして出勤。トイレでおしっこをするたびに、下半身に意識がいき、毎回勃起してしまいました。それほど溜まっているということでしょうか?職場には若い女性は少ないのですが、数少ない若い女性と話すだけで勃起。通勤は車なのですが、運転中に車が揺れると、その振動でズボンと陰茎が擦れて勃起。まだ管理していただいて2日目だというのに、僕の陰茎はそろそろ限界に近づいているような気がします。接触禁止のリミットだったはずの14:30を過ぎても、昨日の失態のせいでまだ接触禁止。今はとにかくおもいっきりしごきたい。オナニーしたいという想いでいっぱいです。さきほど帰宅してからも、触れない苦痛におかしくなりそうです。nicenurseさま、お願いです。陰茎に刺激を与えることをお許しください。

あらあら、たろうさんダメよ。『したい』なんて…。あなたはまだその淫茎が自分の物だと思っているようね。私に捧げたのでしょう? やはり明日の14:30までは刺激を許さないわ!

申し訳ありません。

ああ、nicenurseさま…。お許しください。反省します。nicenurseさまに捧げた陰茎を「しごきたい」だなんて…。身の程知らずな発言をお許しください。昨日から反省することばかりです。明日の14:30までですか…。もちろん従います。ただ、辛くて涙が出てきます。目からも、陰茎からも…。でも、自分の立場もわきまえない僕にはこれぐらいの厳しさが必要なんですね。でないといつまでも勘違いしたままです。nicenurseさま、厳しくしてくださってありがとうございます。nicenurseさまに喜んでいただけるように頑張りますので、これからもよろしくお願いいたします。

おやすみなさい。

さっきから何回も何回も後悔してます。なぜあんな失礼なことを言ってしまったのだろう…。後悔してても仕方ありません。しっかり反省して、明日の14:30を待ちます。そして、nicenurseさまへの感謝の気持ちをコメントさせていただきます。
このページを開くだけで、勃起してしまいます。1日に100回ぐらい勃起してるんじゃないかと思うぐらい、ちょっとしたことですぐに勃起してしまいます。それでも触れることすら許されない苦痛と快楽…。こんな気持ちを僕に与えてくださったnicenurseさまに感謝です。
それでは、おやすみなさいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

帰りました。

昨日の夜は陰茎がうずいてなかなか寝付けませんでした。今までなら、オナニーして射精して、すっきりしてすぐに眠りについているところです。ですが、今はもう自分のものではなくなった陰茎を、勝手に触ることなど許されません。悶々とした気持ちで、眠りました。そして朝、今日は朝勃ちはしていなかったのですが、意識を下半身にやるとみるみるうちに大きくなっていくnicenurseさまの陰茎…。それでも触ることすら許されず、先から涙を流している陰茎を眺めるだけでした。
出勤してからは、仕事に集中している間は大丈夫ですが、トイレや休憩のほんの一瞬の合間にも意識が下半身にいってしまいます。もうそれだけですぐに勃起。はちきれそうなぐらいに元気になります。僕にこんなに元気な陰茎を貸してくださったのはnicenurseさまです。nicenurseさまにお借りしている陰茎を、触りたいとか、しごきたいとか言っていた昨日の自分が信じられません。
そして、いよいよ14:30を迎えました。nicenurseさまから命じられている刺激禁止時間は終わりましたが、刺激を与えなさいという命令はまだいただいておりませんので、この時間まで刺激は控えております。この後、nicenurseさまのコメントがあり次第、その指示に従わせていただきます。それまでは一切刺激を与えることなく、お待ち申し上げます。

くまさん、はじめまして。あなたも射精管理ご希望なのね。あなた用の記事を書くからそちらにコメントしてね。

たろうさん、じゃあこれから私の淫茎を刺激しなさい。ただし今日は手を使わずにね。何かに擦り付けるのは良くてよ~。あなたは何に擦り付けるのかしら? ソファー? 机の角? それとも布団かしら? もちろんまだまだ射精は禁止よ。もっともっと私の精液を溜めなさい。

ありがとうございます。

nicenurseさまの陰茎を刺激する許可をいただきありがとうございます。ご命令どおり、手を使わずに刺激させていただきます。手で陰茎に触れたのが遠い昔のような気がします…。
今日は布団に擦り付けさせていただくことにします。ただ…左手でのオナニーですら調節がきかなくてあわや射精してしまう寸前だったのに、布団オナニーで、たっぷりと溜まったnicenurseさまの精液を出さずに刺激を与えるというのは難しいです。もちろん、難しいことが言い訳にはなりませんので、勝手にnicenurseさまの精液を出さないように気をつけます。
今日で射精禁止3日目…。最初にも書かせていただきましたが、3日も射精しないのはもう何年振りかのことです。気が変になりそうです。それでも手を触れることは禁止…。この極限状態(大げさでしょうか…)を楽しませていただけることをnicenurseさまに感謝しながら、陰茎に刺激を与えさせていただきます。
僕は幸せです。ありがとうございます。

たろうさん、私のコメントを待っていたのでしょう? 今日はいっぱい布団に擦り付けて楽しむのよ。明朝は久々に淫茎を扱いて寸止めオナニーを3回しなさい。もちろん射精は我慢しなさい。

はい、nicenurseさま。nicenurseさまのコメントをお待ちしておりました。正直に言います。まったく刺激を与えなくても、nicenurseさまのコメントを読むだけで、陰茎の先から涙が溢れてきます。もしかしてこのまま射精してしまうのではないかと思うぐらいです。厳密に言うと、まったく刺激を与えていないのではなく、パンツに擦れてその刺激で勃起しているのですが…。とにかく、あまり刺激を与えてしまうと一瞬で射精にいたりそうな勢いです。
それでも、明日の朝は寸止めオナニー3回…。僕にとっては本当に残酷なnicenurseさまのご命令。僕はnicenurseさまに全てを支配していただいているのですね。その幸せをかみしめながら、明日の朝は寸止めオナニーを捧げます。

ご報告。

ただいま帰宅いたしました。まず昨夜の報告からさせていただきます。昨日、2日ぶりに陰茎への刺激をお許しいただき、布団に擦り付けていました。1分ほどで先から涙が溢れてきて、同時に布団だけでは我慢できなくなり、より強い刺激を求めて机の角に擦りつけさせていただきました。それから15分ほど、陰茎を机の角と布団に交互に擦りつけ、今まで味わったことのない快楽に溺れていました。何度も射精してしまいそうになりましたが、nicenurseさまの精液ですから、勝手に出すわけにはいきません。必死の想いで抑えました。
そして今朝、6時10分に目覚ましが鳴るのですが、それを止めると同時に寸止めオナニーを開始いたしました。起きた瞬間、頭に浮かんだのがnicenurseさまでした。起きたばかりだというのに、一瞬で大きくなる陰茎…。そして、久しぶりに自分の右手でnicenurseさまの陰茎をしごき始めると、自分でも驚くほど早く射精感が襲って来ました。何とか我慢して、3回目の寸止めオナニーを終えたのは6時15分。5分で3回の寸止めオナニーを捧げました。朝からこんなに素敵な興奮を味わえるのも、すべてnicenurseさまのお陰です。ありがとうございます。
それ以降、nicenurseさまから指示をいただいておりませんでしたので、この時間まで一切接触せずに過ごさせていただきました。触ると射精してしまってはいけませんので。
今日で射精禁止4日目です。本当にもう限界です。nicenurseさま、お願いです。nicenurseさまの陰茎からnicenurseさまの精液を出すことをお許しいただけないでしょうか?昨日の夜も、本当に危なかったんです。nicenurseさまの「我慢しなさい」というご命令を思い出して、必死で我慢しました。お願いします。どうかお考えくださいませ。

おやすみなさい。

今日はお忙しいのでしょうか?無理なさらないでくださいね。僕はそろそろ休ませていただきます。先ほどのコメントでは射精をお願いするようなはしたない発言をしてしまいましたが、もちろん我慢しております。nicenurseさまの陰茎からnicenurseさまの精液を発射できる瞬間を夢見ながら眠らせていただきます。ご命令がないので悩みましたが、一番最初のご命令どおり、nicenurseさまに寸止めオナニーを捧げてから寝ることにいたします。おやすみなさいませ。

たろうさん、寝てしまっちゃった。今ゴソゴソ起き出したところ。
いつも素敵なコメントを書いてくれるから嬉しいわ。だ・か・ら、射精はもう少し我慢しなさい。私もう少し楽しみたいから。これからは当面、外出前の寸止めオナニーと、帰宅後の寸止めオナニーを続けなさい。あなたがどれだけ射精を望んでいるかもコメントしなさい。

nicenurseさま、お疲れなのに丁寧なコメントをいただき、ありがとうございます。でも無理なさらないでくださいね。1日ぐらいなら放置プレイだと思って我慢しますので。
昨日の夜、寸止めオナニーを捧げてから寝たのですが、疲れて眠いはずなのになかなか寝付けませんでした。原因は、股間が気になって仕方なかったからです。もう本当にどうしようもありません。生まれて初めて夢精しちゃうんじゃないかと思うぐらい、今までに経験したことのない感覚でした。
そして今朝、起きてすぐにPCを開いてnicenurseさまのコメントを拝見しました。バタバタしていてお返事できなかったことをお許しください。出勤前の寸止めオナニーを捧げて、出勤。
職場ではトイレ以外では特に勃起もしなかったのですが、ときどき股間に違和感を感じたり、タマタマに変な感覚が襲ってきたりと、明らかにnicenurseさまの精液を溜めていることによる影響があるように感じました。本心を述べさせていただくと、もう我慢できない、限界です。ですが、nicenurseさまにもっと楽しんでいただきたい。僕が何とか射精を我慢できているのはその気持ちだけです。帰りの車の中でパンツが少し冷たく感じたので陰茎を触ってみると、勃起もしていないのに先が涙で濡れていました。自分でも驚きましたが、それほど射精を求めているということでしょうか…。
帰宅後、すぐに寸止めオナニーを捧げました。辛さもありますが、今では完全にnicenurseさまへの感謝の気持ちが上回っております。nicenurseさまに射精を捧げたいという気持ちも強いですが、もう少し楽しんでいただくために、もう少し我慢させていただきます。

たろうさん、あなたの射精したい気持ちがひしひしと伝わってくるコメントね、嬉しいわ。だからちゃんと外出前と帰宅後の寸止めオナニーは欠かさずしなさい。
射精したくてたまらないのだったら…あなたは私にどんな射精を披露してくれるのか、あなたのいやらしい妄想をコメントしなさい。私が喜ぶような射精方法だったら…考えてあげなくもないわよ。

はい、nicenurseさま。外出前と帰宅後の寸止めオナニーは必ずさせていただきます。接触禁止期間が長かったので、オナニーできることに心から感謝している自分がいます。
nicenurseさまに披露したい射精のシチュエーションですが…今まで単純に陰茎をしごいて出すだけの単純な射精しかしてこなかったので、nicenurseさまに喜んでいただける射精方法を考えられるかどうかわかりませんが、必死で考えましたので聞いてください。
普通に手でしごいたのではおもしろくないと思いますので、こすらずに射精させていただきます。寸止めオナニーを繰り返している間に何度もいきそうになりましたが、一切手を動かさず、陰茎を握るだけでいきそうになったこともありました。今回はそれで射精させていただきたいと思います。手を動かさずに射精。これだけでは喜んでいただけませんよね…。
nicenurseさまがこういうプレイをお好きかどうかわかりませんが、僕はnicenurseさまに支配されている、飼われている、nicenurseさまのものであるという印に、首輪を用意させていただきたいと思います。前から少しあこがれておりましたので、この機会に実現できればと思いました。nicenurseさまさえよろしければ、その首輪を付けて、nicenurseさまに射精を捧げさせてください。お願いします。

たろうさん、首輪だなんて素敵な提案じゃない。それを使ってもっといやらしい想像を膨らませていきましょう。いよいよ射精に向かってのカウントダウンかしら? まずは私のペットとなる為の首輪を買って来なさい。どんな店でどんな首輪を買ったのかも報告しなさい。

射精…。

nicenurseさま、申し訳ございません。僕はもう終わりです。nicenurseさまに射精管理していただく資格なんてありません。許可をいただかずに射精という、最低なことをしてしまいました。昨日の晩です。
今から出かけますので詳しくは帰ってから書きます。帰るのはたぶん夜中になります。でも、何を書いても言い訳になってしまうだけです。もう僕なんて相手していただけないと思います。当然です。全て僕が悪いので仕方ありません。ですが、お詫びだけはさせてください。お願いします。
そして、もし、もし許していただけるのであれば、もう2度と同じ過ちを犯さないよう、厳しい罰をお与えください。
本当に、申し訳ございませんでした。

まあ、たろうさんったら!さらに想像を膨らませてこれからもっといやらしく楽しくなるはずだったのに。なんて残念なこを!
・・・仕方がないわね、誰にでも一度は過ちがあるわ。昨晩の事をきっちり報告しなさい。そして今後はもっと厳しい管理になると覚悟しなさい。

ありがとうございます。

僕の過ちをお許しいただけるのですか…。慈悲深いnicenurseさまに感謝いたします。もうコメントの返事もいただけないんじゃないかと覚悟しておりましたが、nicenurseさまの優しさにただただ感謝です。
昨晩のことを報告させていただきます。寝る前に、寸止めオナニーを捧げようと、陰茎をしごいておりました。いつも本当に限界までしごくのですが、昨日もぎりぎりまで刺激を与え続けて、1回目の寸止めオナニーのときに少し出てしまったのです。これはほんの少しでした。少しとはいえ、射精してしまったことには変わりありません。
反省の意味も込めて、もう一度寸止めオナニーを捧げようと思い、しごいていたのですが、一瞬で勃起。これ以上しごくとすぐに射精にいたってしまう。そう感じた僕は、陰茎を握り締めました。それでもどうしても射精感が抑えられず、やばい!と思ったときにはもう遅かったです。でも、絶対に射精は許されないと思い、包茎の先の皮を閉じたのですが、意味がありませんでした。皮の中に大量に精液を吐き出してしまい、手を離すと皮の先からどんどんあふれてきて止まりませんでした。
したくてしたくてたまらなかったはずの射精ですが、まったく気持ちいいとは感じませんでした。頭に浮かんだのは、やってしまったという後悔の念ばかりです。これでnicenurseさまに捨てられる、相手にされないと思った僕はやけになり、その後もう一度オナニーをして、射精しました。しかし、これもまったく快感に感じることはなく、ただただむなしいだけでした。
あんなにも我慢したのに、久しぶりに味わう射精の気持ちは最低なものでした。これもnicenurseさまを裏切って勝手にいってしまった報いだと思っております。許していただけるのであれば、どんなに厳しい罰もお受けしますし、今まで以上の厳しい管理になることも当然だと思います。
最後に、首輪の件ですが、喜んでくださって嬉しいです。こんなにどうしようもない僕ですが、nicenurseさまの従順なペットになれるように、頑張ります。明日、首輪を購入してまいりますので、また報告いたします。厳しく躾けてください。よろしくお願いします。

首輪

本日、首輪を購入してまいりました。ホームセンターのペットコーナーで、犬の首輪を探してきました。犬のために買うような顔をすればいいのですが、やっぱり自分に買うということで緊張しました。知らない人が見れば挙動不審に見えたかもしれません。サイズがわからなかったのですが、自分の首に合わせることもできなくて1時間ぐらいうろうろしていました。でも、射精してしまった反省の気持ちを込めて、誰もいない隙を見計らって一瞬だけ自分の首に巻いてみました。そして、やっとの想いで購入する首輪を決めました。
買ったのは黒い皮製のシンプルな首輪です。早くこの首輪をつけたいです。でも、これはnicenurseさまにつけていただきたいので、nicenurseさまにご命令いただけるまでは大事にとっておきます。この首輪をつけてnicenurseさまのペットにしていただけることを思うと、胸が躍ります。これからもよろしくお願いします。

たろうさん、新しい記事を書いてあげるわ。そこで最初からやり直しよ。

はい、わかりました。
本当に申し訳ございませんでした。
もう一度やり直すチャンスを与えてくださったことに感謝します。
またよろしくお願いします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。