FC2ブログ

プロフィール

nicenurse

Author:nicenurse
元看護婦でダーリンの射精管理を楽しんでいます。最近何人か「射精管理して欲しい」って素敵な方が現れて嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おなざるさん、資金的に余裕があれば、次回射精披露宴までに淫核舐め&寸止めだけをしに明日香さんの所に行かせてあげたいわ~。全裸正座になって、まずは明日香さんにお詫び。『明日香様、前回は淫毛を剃れずに申し訳ございませんでした。』会えた時にもちゃんとお詫びするのよ。続いて『ナース様、引き続き射精管理をして下さい』って声に出してお願いなさい。それがすんだら、股間で勃起している淫茎の所有権が私にある事の確認儀式、寸止めオナニー2回を、それぞれ違うポーズで私に捧げなさい。待っているわね。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

ナースさま…昨晩は儀式が行えなくてごめんなさい。コメントを書き込んだあと、引き続き射精管理していただけることで猛烈に興奮してしまい、淫らな画像のスライドショーを見ながら寝るまでずっと淫らな行為に耽ってしまいました。

ナースさまのソープで手を洗い(手に香りを付け)、足指舐め訓練をしながら、勃起した淫茎をモミモミしました。射精披露宴が終わったばかりなのに、ナースさまのことを考えただけでもう扱きたくてたまりません。

今夜はいつも通りお風呂場でナースさまのマーキングを体全体にさせていただき、部屋で全裸正座して『明日香様、前回は淫毛を剃れずに申し訳ございませんでした。』と土下座しました。ナースさまには『ナース様、淫毛を剃れずに申し訳ございません。淫茎と玉袋はきっちり剃り上げます。淫丘と内股ははさみで手入れいたしますのでどうぞお赦しください』と土下座しました。明日香さまには次回お会いした時にも同じお詫びをいたします。

そのあと全裸のまま、

『ナース様、引き続き射精管理をして下さい。
ぼくの精神を精通を覚えた頃の思春期に退行させ、射精管理を通じて改めてお好みの淫茎に仕上げてください。
引き続き股間で勃起している淫茎の所有権はナース様にあることを確認します。
淫茎の所有を通じてお好みの性癖をぼくの魂に刻みつけてください』

と書類を作り、亀頭印を押捺した上で全裸正座で5回声に出して読みました。おなざるの淫茎と魂を引き続きナースさまに渡してしまうことが確定しました。(書類、アップしときましたね)

寸止めオナニーの1回目は立ち膝で背中を伸ばして、ナースさまにじっと見られながら、もう一回は尻を高く上げての屈辱的な四つん這いでナースさまに嗤われながらです。せっかくの儀式ですので、何時間も何回もナースさまにお捧げしたかったです。

明日香さまのこと了解です。記事1の最後で宿題もいただいていることですし、ナースさまのお悦びがおなざるの喜びですので…。具体的になりましたら報告しますね。

ナースさまのご気分がよろしければ、もっといやらしいこと、追加で命令してくださいね。おなざるにお悦びを捧げさせてくださいね。

おなざるさん、射精披露宴前に明日香さんに会いに行けるってことかしら、嬉しいわ~。楽しみがまたひとつ、増えたわね。コメントを確認してくれたら、水曜日が終わるまでは、トイレと香りの指示以外での私の淫茎刺激は禁止にしてあげるわね。でも、部屋にいる時にはエッチ画像や動画をいっぱい鑑賞するのよ。刺激が欲しくなれば、トイレに行ってらっしゃいね。どのくらいの頻度でトイレに行くのか、ちゃんと報告なさいね。

ナースさま…トイレの躾け、癖になりそうです。トイレでの刺激は寸止めオナニーか亀頭刺激1分でいいですよね?

刺激の原則禁止→刺激が欲しい→トイレ→刺激が得られる、まるでペットの躾けです。さらに→うれし涙を舐める、というのはどうでしょうか?

コメントを見てから、おしっこしたくなるまで我慢しようと思っても、3回も行ってしまいました。寝る前にもう1度行き、寸止めオナニーさせていただきます。

朝勃ちどころか、夜中に勃起で目覚め、ふらふらとトイレに行かないか不安です。

おなざるさん、そうよね~うれし涙も舐めさせてあげるわ。トイレでの寸止めか亀頭刺激1分が終れば、指でうれし涙をすくって、美味しそうに舐めるのよ。いやらしくて、素敵ね。

コメントを確認してくれたら、さっそく2回程トイレに行ってらっしゃい。

ナースさま…。帰宅後コメントが入っていることに気づいて勃起…。早く早くってお風呂場に入って、ナースさまの香りでますますどっくんどっくん勃起…。お風呂場で淫茎モミモミを捧げたあと、部屋に戻り、全裸でコメントを開いて、もううれし涙が尿道口から…。

すぐトイレに2回入って、寸止めオナニーと亀頭刺激を手で味わいつくすように捧げさせていただきました。濃いうれし涙、手で拭ってハアハア言いながら舐め取りました。

今朝は朝勃したままトイレで寸止め。朝から発情して、青臭いうれし涙を舐めました。少し冷まして排尿に行くと、また勃起し始めたので亀頭刺激。今度は薄くてしょっぱいうれし涙でした。

今のところ朝2回、日中は仕事上スイッチはオフ、夕方2回です。今夜もいやらしい画像のスライドショーを見させてくださいね。何回トイレをがまんできなったか、あとで報告しますから、笑いモノにしてくださいね。

今夜のうちに明日香さまの予定を、店のお兄さんに電話で確認しときます。

ナースさま…。今夜おなざるはとってもいやらしい行為をしています。

全裸で首輪をつけ、リードをドアノブに掛けて、両膝立ちでHな画像のスライドショーを鑑賞します。HDには65フォルダ1万2000枚以上の画像があります。なるべく興奮をしないよう、冷静に見ようとするのですが、中にはナースさまを連想させたり、ナースさまにしていただきたいような行為の画像があります。ナースさまの淫茎は、脈打ち5回くらいで完全勃起してしまいます。

すぐにその画像に戻り、ナースさまの香りを脳に刻みながら淫茎モミモミをします。トイレが頭に浮かんでもう我慢できません。もっと我慢すればより強い刺激と悶えが捧げられると想うんですが、行ってしまいます。

トイレではナースさまのことだけを想って寸止めオナニーか亀頭刺激を1回ごと交互にします。うれし涙でいっぱい手の指を汚してしまいます。

「だめじゃない。私の足指をこんなに汚して…」
(ナースさまのうれし涙ですから、汚くありません…)
「私の睾丸が作って私の淫茎からほとばしる精液は私のものだけど、うれし涙はあなたが勝手に流してるんでしょう?」
(・・・)
「だからあなたが汚した私の足指、きれいに舐め取りなさいね。私の淫茎を汚しているのも残らず掬ってきれいにしましょうね」
(・・・はい)
「乾いて白くなる前に、ちゃんときれいにするのよ…」
(はいナースさま…)

こんなことを想像しながら、手の指を丹念に愛撫するように舐め回します。口の中も唇もうれし涙に犯されてひりひりしています。

今夜は13回トイレに行きました。朝の2回と夕方の2回も合わせると17回です。

明日香さま一応27日まで出てから定例のお休み、来月はお盆の関係もあるのか、まだ予定はわからないそうです。『早く来てくださいよ、27日はもうわかりませんよ~』ってお兄さんにからかわれています。

おなざるさん、27日に明日香さんに寸止め披露に行ってみたいかしら~。あなたの都合をきかせてね。
もし行けるのなら…最初に淫毛を剃れなかったお詫び、今回は寸止めオナニーショーをするように言われている事、射精披露宴はあくまで明日香さんの指定日にする事、首輪&淫核舐めをする事、次回射精披露宴の時には淫核を舐めながらか足指を舐めながらかを明日香さんに決めてもらう事、クレオパトラソープを気に入ってもらえたか等、ちゃんとしてくるのよ。もちろん、淫核舐め&足指舐めの満足度も明日香さんからマジック刺青してもらって来なさいね。

行けない時には…亀頭刺激だけを何度もさせてあげようかしら~。ローションをたっぷりと塗り付けてね。

ナースさま♪27日に寸止め披露、寸止めオナニーショーをしに行きたいです♪都合は必ずつけます。

いっぱい嬉しくて恥ずかしい宿題をいただいて、ありがとうございます。ちゃんとこなせるか、今からちょっと緊張しますが、頑張ります。

でも、お兄さんがあんな不安なことを言うから…。当日お店に電話してみて、お兄さんから『残念だったね。やっぱ今日は休むんだって~』なんてこと言われたら…ローションも新しくしときます…(涙)。ローション亀頭刺激を何回もしちゃったら、たぶん狂うほど悶えて、病みつきになりそうです。怖いです。ナースさまの言葉はとっても素敵で、いつもおなざるの魂を蝕んでくださいます…。

ナースさま…。いつもおなざるがナースさまのことを性の想像の対象にして、ゆうべのようなはしたない行為をしてしまってるの、ごめんなさい。おわびに今夜はトイレまで四つん這いで這ってゆきますね。ナースさまの足指に付けてしまったお汚れ、もっときれいに時間をかけて舐めとります。

今日の回数はもう一度寝る前にコメントさせていただきますね…。

ナースさま…。前回コメントでは甘えたことを書いてしまい、申し訳ありませんでした。

トイレでの寸止めオナニー&亀頭刺激を繰り返す間にお約束の水曜日が終わってしまいました。ナースさまの香りをだいぶ脳に刻んでしまいました。

今日(もう昨日ですね)は朝2回、夜8回合計10回、トイレで捧げさせていただきました。回数が少ないのは、四つん這いになってトイレへ這って行くとき、目隠しされてナースさまの香りの方へ這ってゆく訓練を想像しながらゆっくり捧げたからです。

広い部屋で目隠しされ、ナースさまの香りを追って這い回り、ナースさまに辿り着くとご褒美に勃起した淫茎をチェックしていただき、足指とか、手の甲にキスさせていただけるんです。

コメント書きながらまた勃起してしまいました。おやすみなさい。

おなざるさん、いよいよ明日、寸止めオナニーショーね。とっても楽しみよ。昨日の四つん這い香り訓練も素敵ね。

明日、明日香さんに寸止めオナニーショーを楽しんでもらえたら、最後に部屋をでる時に、明日香さんの足指にキスさせてもらってきなさいね。

はい、ナースさま…。明日の夜の寸止めオナニーショーの最後に、跪いての足指キスを追加させていただきます。

明日香さまにお聞きすること、おなざるがすること、明日香さまにしていただくこと…寸止めオナニーショーのリハーサルは想像の中で終えています。ナースさまにシナリオをまとめていただいて、とっても嬉しかったです。

今日は朝から淫茎刺激はしていません。昨夜数日ぶりに淫夢を見てしまい、ナースさまの巧みな誘導で夢精して、その夢精がナースさまにばれた夢(複雑ですね)を見てしまいました。実をいうと連夜の行為で、もう精液をもらしちゃいそうなんです。ショーの最中で本当に泣くかもしれないくらいです。

明日は電話で確認後に、必ずコメント残しときますね。

今夜は目隠し四つん這いで、移動されるナースさまの鈴の音が鳴る方に這ってゆく自分の姿を想像して、トイレやお風呂場を這い回ります。淫茎刺激を想い出し、力強い勃起の血流を捧げますね。

おなざるさん、淫夢を楽しんでくれたのね~嬉しいわ。今日、明日香さんがあなたをみて、どんな反応をしてくれるのか、とっても楽しみよ。

でももう明日香さんから、次の射精披露宴の日取りまで決めてもらっているんだものね、見事射精を我慢して、寸止めオナニーショーを楽しんでもらってきなさいね。

涙を流しながら、それでも私の淫茎の尿道口からうれし涙を溢れさせて、射精を堪えている姿…目に浮かぶわ~とっても素敵よ。

ナースさま…。今帰宅しました。

はい、寸止めオナニーショーを、お二人のために捧げます。今日は射精披露宴ではなく、とっても恥ずかしい寸止めオナニーショーです。

男にとって射精を耐えながら翻弄されている姿がどんなに情けないか、お二人に嗤っていただくために捧げます。

これからお風呂場へ四つん這いで行き、ナースさまの香りで勃起し、ナースさまの香りを肉体に擦り込ませていただきます。それから出発します…。

明日香さま、今日は出勤です。とっても緊張しています。ローション亀頭刺激を何度も…は、おあずけですね。

帰ったらまた報告させていただきます。

ナースさま…。帰って来ました。ふらふらです…。

明日香さまといろいろお話したので実質20分足らずの寸止めオナニーショーでしたが、明日香さまの手によって完全に魂を抜き取られ、ナースさまへ持参するようにとことづかっているような気分です。

明日香さまは言葉のやりとりが天才的です。会話の中での「魂を捧げるための行為を想像をするとMの性欲が高まる」といった内容の言葉尻を捉え、両膝立ち淫茎扱きの寸止め状態で、何度も何度も、

「ナースさまに魂を捧げます!」

と誓わされてしまいました。

詳しいことは今夜はとても冷静に書き込めないので、土日に報告させてください。

帰り際の、

「今夜も四つん這いでちんちん勃たせて、ナースさまに魂を捧げるんですね」

というなにげない明日香さまの意地悪な言葉に拘束されてしまいました。

早く四つん這いになりますね…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

明日香さまとのお話の内容、長いのでシークレットで書き込みしときました。

寸止めオナニーショーの様子は明日書き込みしますね…。

おなざるさん、気遣ってくれてありがとう。私も心配しているの。

それにしても、明日香さんって素敵なだわ~。的確にポイントを突いてくれているわね。剃毛の事もそうだけど、問題がある場合には必ず前もって相談するのよ。

明日香さん来賓時の射精披露宴の仕方も素敵よね~。散々足指舐めや淫核舐めを楽しんだ後に、射精管理の醍醐味をリードを引っ張りながら堪能するのね。毎回射精を披露する時の恥ずかしい顔を観察してもらって、おなざるも幸せね。

追加の報告も楽しみにしているわ~。コメントを確認してくれたら、亀頭刺激5分&即寸止めを2セットね。

ナースさま…。やさしいお言葉、ありがとうございます。おなざるは本当に幸せです。

亀頭刺激5分&即寸止め2セット、タイマーはもう使わず、全裸でナースさまのコメントを読みながら、ナースさまのことを想って、昼間っから2セット捧げさせていただきました。

おなざるの痴態は、多くの淫茎を所有されるナースさまの手に負えないかもしれません。だから読み流して、ナースさまはその時々の気分でおなざるに命令をしていただければいいですからね。

土曜の痴態、寸止めオナニーショーの痴態をシークレットで捧げますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おなざるさん、とっても素敵な寸止めオナニーショーじゃないの~。それに報告も上手ね~。『ダメッ?』って言うあなたの声が聞こえてきそうよ。

明日香さんのパンティをくわえながらの寸止めオナニーショーも素敵よね~。首を横に振るのを合図にするとかでも寸止め状態を伝えられるでしょ? 工夫して次回でもその次でも、明日香さんに楽しんでもらいなさいね。

とっても素敵な寸止めオナニーショーと報告だったから、特別に火曜日1日は四つん這い寸止めオナニーを部屋でさせてあげるわね。24時になって水曜日になるまで、少なくとも私に1回、明日香さんに1回は捧げる事。私たちの事を心にいっぱい感じながら、私の淫茎を扱きあげるのよ。

ナースさま…。ありがとうございます。おなざるは全裸で汗をふきふき、パソコンに向かって、ワープロソフトを使って宿題のつもりで報告文を書きました。時よりナース先生に全裸勃起で廊下に立たされるのを夢みながら、「ふぅっ」てうっとりしたため息をついて書きました。

明日香さまはとってもやさしい心の方です。また、10のうちの1をお伝えするだけでも、的確な行動を描ける聡明な女性です。

おなざるがナースさまのお考えに従っていて、むちゃや悪い事をしないと信頼して楽しんでいただけているんです。この気持ちを街ですれ違う皆さんに分けてあげたいくらいです。

泣き声で哀願する『ダメッ?』もいいですが、『パンティくわえて寸止めオナニーショー』で、涙目で激しく首を横に振るのも想像しただけですごく興奮します。

明日はシチュエーションを工夫して四つん這い寸止めオナニーを捧げますね。この前の強烈な寸止めを想い出して淫茎を扱きあげ、ナースさまと明日香さまのことでいっぱいになりながら、とびっきりいやらしい寸止めオナニーを捧げさせていただきますね。

もう、扱きたくて扱きたくて、たまりません…

おなざるさん、あら~1時間後から扱いてくれて良かったのよ。朝まで待って寸止めしてくれたのかしら? 素敵ね。どこで何を思いながら四つん這い寸止めしてくれたのか、報告楽しみに待っているわ~。

ナースさま…。寸止めオナニーのし過ぎですね(泣)。せっかくいただいたチャンス、まんまと逃してしまいました。今朝も、トイレに行くとますます長く続く習性をつけていただいた朝勃ち淫茎をなだめて、寸止めオナニーは我慢してしまいました(泣)。

でも、夜のはとっても淫らに捧げさせていただきました。我慢すればするほど、次の寸止めオナニーが良くなりますね。禁断症状のようですね。

少し時間をいただいて、今夜の様子、追加報告をさせていただきますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おなざるさん、とってもいやらしい四つん這い寸止めオナニーショーね、嬉しいわ。鼻をヒクヒクさせながら、アレを探しまわる姿、素敵ね。

昨日はいっぱい寸止めしたから、コメントを確認してくれたら、今日と明日はトイレでは亀頭刺激だけをさせてあげるわ。扱きたいのを我慢して過ごすのよ~。

♪ satoさん、はじめまして。そんなに自分を卑下する事ないのよ。私は多くの女性に射精管理の素晴らしさを知ってもらおうと、このブログを続けているの。あなたも私の考えに賛同してくれるかしら? もしよければあなたの気に入った記事を3つほど教えて欲しいわ。
そこにあなたの覚悟も書いてね。

ナースさま…。トイレに4回行ったところでコメント書いています。扱きたくて扱きたくてたまりません。

亀頭刺激も腰がガクガク引ける程の刺激で、うれし涙を流してしまいますが、昨夜の寸止めオナニーの後ですので、射精寸前に追い詰められたい気持ちでいっぱいです。ナースさまのご誘導、とってもつらくて精神を苛みます。

ナースさまの淫茎、扱き上げて扱き上げて、尿道が張り裂けるほどの勢いの精液をほとばしらせる姿、早く見ていただきたいです。情けない姿がご披露できる8月18日が、もう待ち遠しいです。

昨夜も淫夢を見てしまいました。本当にいやらしいですね…。病的に細くて白い、ちょっと尾骨がとがった女性が四つん這いになり、ナースさまの淫茎をバックから挿入するんです。女性は仕事先の総務のユミコさんで、30くらいの既婚者です。前から何回かこの夢を見てます。

白い肌に透けて見える静脈と目立つ産毛に興奮し、すぐ射精しそうになるんですが、なぜか射精できません。

「イケないの…もっと腰を激しく振るのよ…でも、イケないでしょう…私が『イキなさい』って指示しなければね…」

といったような(ナースさまの?)声が聞こえるんです。

その声を想い出しながら、今日と明日は腰を悶えさせながら亀頭刺激に励みます。トイレには勃起しながら、四つん這いで行きますからね。しょっぱいうれし涙、いやらしく指に絡めて、舐め取らせていただきますからね…。

satoさんお先でした。どうぞご遠慮なく…

おなざるさん、今日は私の淫茎を扱くのは禁止されているのよね~。見事我慢して耐えれたら、御褒美に寝る直前に5往復だけ扱かせてあげるわね。今宵も素敵な淫夢を見れればいいわね。

金曜日の朝になったら、またトイレでの寸止めオナニーをさせてあげるから、扱きたい気持ちを精一杯私に伝えて、亀頭刺激を捧げ続けなさいね。

ナースさま。とっても扱きたくて扱きたくてたまりません。もう強い禁断症状の状態です。ナースさまの支配のもとで、「オナニーしなさい」って命令されて、女の子のような喘ぎ声をたてながら、泣きながら寸止めオナニーさせられたいです。

もっと我慢すれば…一日でも我慢すれば…その後のオナニー行為がいっそう肉体と精神を蝕んでくれるのはわかっているんですが…。コメント読みながら、ナースさまを想像して、扱き上げたくてたまりません。

寝る前の5往復で、手の感触がオナニーの欲望を淫茎に目覚めさせると思います。考えるだけで自分を支配してくださる、強いナースさまのことを想い焦がれてしまいます。

首輪、トイレ、亀頭刺激…。今夜も腰を振りながら痴態行為に耽らせていただきます。

勝手に考えたんですが、今夜の亀頭刺激は、淫夢ユミコさんバージョンで、バックから挿入しながら、
「ほ~ら、もっと腰を打ち振りなさい。ほら、射精しようとしても、射精できないでしょう?おなざるはオナニーじゃあないとイケない体にしてあげたんだから」
って言われることを想像しながら捧げさせていただきます。

ナースさまの手で、オナニーじゃないとイケない体と精神に躾けられるかと想像すると、すごく燃えるんです。

おなざるさん、いくら私の淫茎を刺激してもイケず、でも私の合図一つで激しく勃起した上に、刺激もなく射精を繰り返すのも素敵よね~。そんな淫茎に仕上がらないかしら(笑)。

コメントを確認してくれたら、すみやかに個室トイレにこもって、寸止めオナニー1回を私に捧げるのよ。

はい、ナースさま…。ナースさまの淫茎を、そんな淫茎に仕上げていただきたいです。ナースさまに感情を抜き取られ、ナースさまの合図ひとつで操り人形のようにコントロールされて、男子にとって夢精同様に恥ずかしい遺精を捧げてみたいです…。

今朝は淫茎刺激ができなかったので、コメントを見てトイレで寸止めオナニーを捧げさせていただきました。血液が淫茎に集まり、扱くことによって甘美な快楽の痺れグスリが処方され、注入されて、脳をナースさまに征服されてゆく気分になります…。

昨夜の亀頭刺激では、夢に出て来ないような妄想をしてしまい、何度も悶えてしまいました。便座にすわり、

「もっと腰を打ち振るのよ。そんなんじゃ女性は満足できないわよ。ユミコさんにはダーリンがいてベテランよ。体力を消耗するくらい捧げて満足してもらうのよ」

「でもおなざるはイケないでしょう。射精できないわよね。だって、おなざるはわたしの手で、立派なオナ中(オナニー中毒)に仕上げられたんですものね…」

なんて言われている姿を想像してしまいました。

あの寸止めオナニーショーからもう一週間目になりました。今夜は目隠し四つん這いになって、ナースさまの香りパンティ探しの訓練をさせていただきますね。寸止めオナニーは特にご指示がなければいたしませんが、我慢できるか自信もありません。

先程の寸止めオナニーの手の感触を思い出しながら、今夜もいろんな想像をさせていただきますね…。

おなざるさん、射精披露宴までまだ2週間もあるわよ~。もう漏れそうなくらい私の精液が溜まっているのかしら、素敵ね。

コメントを確認してくれたら、早速トイレに行って寸止めオナニーを私に捧げるのよ。トイレから出てきたら、たっぷりと睾丸をモミモミさせてあげるわね。いつもの倍の時間は揉んで、私の精液をもっと作り溜めするのよ。

明日香さんと私の名前を交互に口に出して、睾丸をモミモミなさいね。

ナースさま…もう、射精をしたいです。『まだ2週間もあるわよ~』って、絶望的になります。

ナースさまと明日香さまの名前を口にするだけで、寸止めオナニーショーの光景を思い出して扱き上げたくなってしまいます。

トイレ寸止めオナニーで扱きの感触を思い出させられながら、睾丸モミモミを命令されていると、もう狂いそうです。

寸止めオナニーで支配されて悶えているオナ中の情けない姿を、部屋で晒します…

おなざるさん、もう射精したくて堪らない、いやらしい私好みの淫茎に仕上がっているのね~嬉しいわ。まさか、明日香さんとの約束を勝手に破るつもりじゃないわよね? そのまま、約2週間、見事耐え切って、最高の射精披露宴に仕上げるのよ。

コメントを確認してくれたら、その場ですぐに睾丸揉み5分を私と明日香さんに捧げる事。もっと私の精液を作り溜めできるはずよ。

はい、ナースさまにリードを握られて四つん這いで足を舐めさせていただくこと、、その背中に明日香さまの足を置いていただくことを想像しながら、睾丸揉みをお二人に捧げさせていただきます(泣)…

睾丸揉みが終わっても四つん這いのまま、スライドショーで勃起させて、ナースさまに人格を奪われてしまった自分の姿を噛み締めながら、過ごさせていただきます。

おなざるさん、明日香さんの足置きになるの?素敵ね~。時間がたっぷりと取れるなら、そんな事もしてもらえるのにね。

私に人格を奪われてって、おなざるさんが魂を捧げてくれたからよ~。コメントを確認してくれたら、トイレに行って、寸止めオナニー1回を私に捧げるのよ。

はい…ナースさま。ナースさまのことを想いながら、明日香さまの足置きになれる時間が欲しいです。そんな状況を想像すると物凄く興奮してしまいます。ナースさまに射精管理をされると、そうなっちゃいます。一度コメントをいただくと、もう隠れてオナニーができなくなってしまうんです。射精と射精のための行為の権利をコントロールされ、その従属感をナースさまに捧げることが、病みつきになってしまうんです。

ナースさまごめんなさい。オナニー欲が溜まって、ナースさまのせいにしてしまって…。弱音は言っても、ぼくの淫茎と魂をナースさまに支配されて、操っていただきたいです。

トイレでまた寸止めオナニーの感触…手で扱く感触を思い出させていただきました。ひと擦り目から『あ~ん!…』と喘いでしまいました。尿道の前立腺のあたりが熱くなり、液体が湧き出て、尿道口からうれし涙をたらたら流してしまいました。すべて足指を舐めるように、手に絡ませて口できれいにさせていただきました。

本当にごめんなさい。『勝手に悶えていれば~』って転がしといてくださいね。

おなざるさん、あら~明日香さんの足置きになる時には、明日香さんに集中して、明日香さんを想って足置きにならないとダメじゃない。もちろんその間は、私から明日香さんへ貸し出しって形よね~。素敵よね。

コメントを確認してくれたら、今日はトイレで亀頭刺激&即寸止めを私に1回、トイレに入り直しして、同じ事を明日香さんに1回捧げなさいね。

はい、ナースさま…明日香さまの足置きの時には、明日香さまに集中して、足の重みを背中に刻む気持ちでお仕えしなくてはなりません。四つん這いの情けない格好で足置きになり、被虐の勃起に喘ぐ姿を、『貸し出し』という立場で捧げなくてはなりません。そんな機会を近いうちに持たせていただこうと思います。

ナースさまの命令される断続的な淫茎刺激で、射精の飢餓感にますます苛まれています。

夜のおなざるは本当に恥ずかしい姿をするようになっています。今夜もナースさまの香りを探して、全裸、目隠し、首輪姿でくんくん這いつくばらせていただきます。

おなざるさん、やっと後10日を切ったわね~。私の淫茎は、射精したくて射精したくて、もうはち切れそうになっているかしら? 素敵ね。コメントを確認したら、2回連続でトイレに行ってらっしゃい。1回目は亀頭刺激を、2回目は寸止めオナニーを私に捧げるのよ。

明日香さんの足置きになれるチャンスがあれば、いいわね~。明日香さんが腰掛けている最中に、あなたが床で正座とかも素敵なシチュエーションよね。

ナースさま…回数を限定された亀頭刺激と寸止めオナニーが、ボディーブローのように肉体を苛みます…。尿道口のあたりの亀頭刺激では自覚しないまま、寸止めオナニーでは尿道から湧き出る感じで、大量のうれし涙を流してしまいます。手に付いたうれし涙を貪るように舐めまわしてしまいます。

もう射精したくてしたくて、泣きたくなっています。今、1回射精させて下さるなら…考えるだけであのびゅうびゅうボトボト、夥しい量の濃くて太い精液を皿に放精してしまう感覚や、抜け殻のようになってそれを舐め取り、飲み下す自分を思い出してしまいます。魂を捧げて抜け殻になった体をナースさまに引きずられ、処分していただいていいような気になってしまいます。(M感覚を表現したものです。自傷行為は厳禁ルールですから、引かないでくださいね。)

明日香さまに癒しや優越感を味わっていただくことは喜びです。たとえ一時の関係であっても、溜めてしまった精液を性の行為で射精させていただく以上は、『立場の違いを思い知ること』が射精を乞う男の側の宿命だと思います。被虐感がいっそう増します。足置きや床で正座のシチュエーション、徐々に実行させていただきます。

8月11日~15日は不在となります。全く性とは無縁の生活を余儀なくされます。帰りは16日になる予定です。寸止めオナニーショー&射精披露宴の前だというのに…前からわかっていることなのに、とっても気が重たいです。

おなざるさん、今頃はもう淫茎刺激と無縁の生活が始まっているのかしら。射精披露宴寸前だっていうのに、素敵ね。帰宅してコメントを確認してくれたら、すぐにトイレに3回連続で行きなさいね。始めは亀頭刺激を、続いてカリ刺激、最後は寸止めオナニーよ。粗相しちゃわないように、充分に注意して、私の淫茎に刺激を与えるのよ~。

ナースさま…やっとの思いで戻ってきました。

帰宅してトイレに入っただけでモーレツな勃起と性の疼き…

PCを開けるだけで睾丸は縮み上がり、ああ…って思わず喘いでしまう…

いただいたコメントを見て、はあはあと舌を出す。淫茎の脈動がドックンドックンと自覚され、腰骨の奥が甘く痺れたように、トロトロと溶けてゆく感じ…

はい…ご命令どおり、淫茎刺激を捧げにトイレへ行かせていただきました。想い焦がれた手の感触をナースさまの淫茎へ与えさせていただきました。あまりの喜びのために背筋がゾクゾクしました。肛門のあたりがキュンとなり、夥しい量の粘っこいうれし涙でナースさまの足指を汚してしまいましたので、きれいに舐め取らせていただきました。

ナースさまに躾けていただいた習慣はもう完全にぼくの脳に刻まれています。ナースさまの誘導で女性への屈服を捧げさせていただいているぼくは、女性の方々のティッシュに堕とされてもいいとさえ思います。そうされることを想像しただけで、強烈な性興奮を覚えてしまいます。

今夜も全裸、目隠し、首輪の四つん這いで、じっと勃起姿を捧げさせていただきます。女性の方々にご奉仕すること、足置きになること、じっと見下していただけることなんかを想像して、ナースさまへ情けない発情姿を晒します。

何時間かおきに、PCを見に来させていただきますからね…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

昼間のおなざるさん、とっても素敵よ。まずはお仕事頑張ってね。私はここで待っているから大丈夫。できるだけの事を仕事にぶつけて、時間ができたらまたコメントしてね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

昼間のおなざるさん、頑張っているわね。忙しい中のコメント、嬉しいわ。新聞はダーリンが持って行くから、私はほとんど読めないんだけど、確かに大変な状況だってダーリンも言っているわね。集中して仕事をして、やり切った後に、射精披露宴をしましょうね。楽しみにしているわ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ナースさま…おなざるは妖しいスイッチが入ると、すぐに勃起してしまいます。

夕方も近所のスーパーでノースリーブの女性の方に、ナースさまに射精管理された淫茎の勃起を密かに捧げてしまいました。靴紐を直すふりをして周りには悟られませんでしたが、勃起が治まるとうれし涙が漏れるのを自覚してしまいます。

造り溜めしているナースさまの精子が混じるのでしょうか、帰宅してパンツを下ろすとうれし涙が匂います。青くてイカ燻臭いというか…あの精子特有の匂いです。このようなことはここ一週間くらい、勃起の後にいつも経験するようになりました。

おなざるは普段でも精液の匂いをぷんぷんさせるまでになってしまいました。とっても恥ずかしいです。自分でオナニーして勝手に射精する術を持ちませんので、精通を覚えたばかりのうぶな少年にされたような気がして、よけい情けないです。

ナースさま、おなざるの射精したくて堪らない禁断症状の震えとあそこの匂いを想像して、嗤っていてくださいね。

ナースさま…暑い日が続きますね。24日(金)に射精披露宴をさせていただきます。8/18を指定してくださっていた明日香さまに悪いことをしてしまいました。来週はたぶん休みに入られます。24日の出勤予定は確認済みです。予約しておきました。

明日香さまのお悦びのために、ただの男性器となって真心を込めてご奉仕させていただきます。

ナースさまにご満足いただけるようなご報告ができればいいですね。主賓はナースさまですからね。

おなざるさん、明日に射精披露宴を開いてくれるのね~とっても楽しみよ。明日香さんには、射精披露宴の延期は私も了解済みよって伝えてね。

明日は『パンティくわえて寸止めオナニーショー』で、涙目で激しく首を横に振るのかしら~素敵ね。できればマジックを持参して、淫丘にでも『明日香とnicenurseのモノ』ってマジック刺青してもらいなさい。帰る直前でいいわよ~。素敵な報告、楽しみにしているわ。

ナースさま…。クレオパトラソープの香りを身にまといましたので、これから明日香さまのもとへ行きます。おなざるがしかられないように、やさしいご伝言をありがとうございます。

今回はコンビ二やファーストフードやユミコさんとこの1Fの喫茶店のトイレでは、寸止めオナニーはせずに、直接行きます。

明日香さまのアドリブ言葉であしらわれながら、涙目になって披露させていただきます。

今からもう緊張してしまっています。また、報告させていただきますからね。

ナースさま、昨夜はご報告できなくてごめんなさい。寝ても寝ても眠たい状況です。彼女は体力を消耗するほど集中する射精を好みますし、確実に実行させます。今回それがわかりました。

ご報告、少しずつアップさせていただきますね。長くて生々しい表現もあるので、シークレットでさせていただきますが、一部はオープンさせていただきますからね。

ご報告書きながら昨夜のことを思い出し、身悶えしています。書いている時間よりも身悶えの時間の方が、多いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

『あなたは、え・も・の…』

精液を溢れんばかりに溜めてしまい、これから飛び散らせる運命にある哀れな獲物の姿を見ていると、すごくいいそうです。目に涙を溜めて射精を哀願することになる獲物が、彼女の歓心を買うために行う行為はすごくいいそうです。女性の手で射精を禁止され、女性の手で震えながら射精をさせられる男のケイレンする様と声が、すごくいいそうです。そんな意味のことをおっしゃいました。


寸止めオナニーショーは、彼女の思いどおりに進められました。僕は炎の宿った妖しい目で見られながら、膝立ち姿勢で淫茎を差し出します。リードは彼女の手にあります。

まず、『彼女のパンティをくわえさせてもらうため』の寸止めオナニーショー。

『パンティくわえていいですか?』

『パンティくわえて、何をするの?』

『・・・オナニー…』

『きこえな~い…』

『オナニーです!』

『だれの前でオナニーするの?』

『明日香さま…』

『赤いパンティ?白いのかな?』

『み、みずいろですっ!ダメっ?』

ぐいっ!

『暗くてわからない…』

『はぁっ!はぁっ!』

例えば、こんなやりとりと寸止めの繰り返し…。もちろん『ダメっ?』が寸止め到達の合図です。

気が遠くなりそうです。ぬちゃぬちゃと淫靡な音が、赤暗い部屋をいっそう絶望的な雰囲気にしてゆきます。

ようやくパンティをくわえることを許可していただくと、今度は『彼女のパンティをくわえて拾い、彼女に届ける』反復運動です。

膝立ちの下へパンティを落され、それを四つん這いになってくわえ、彼女へお返しして膝立ちに戻る反復動作。彼女の黒々した淫丘と淫核、白いふとももが目に入り、すぐにまたしごきたくなります。何回かするうちにじれてがまんできなくなり、息が荒くなります。彼女は短く持ったリードで僕の頭を股間へ導きました。淫核へ顔を埋め、音を立てて舐め始めます。

『ほら、ちゃんと戻って…。は・し・た・な・い・よ~』

はっとして彼女の股間から離れ、膝立ちおちんちんのポーズに戻ります。彼女の罠です。『はしたないこと』をすることは僕をもっと追い詰めることと同義なんです。


彼女の前で淫茎をまた突き出しました。今度は『寸止めオナニーを再開させていただくため』のお願いをするように…。彼女は勃起しきった淫茎にパンティを引っ掛け、足の甲で睾丸をさわります。

『ここは何?』

『コ・コーガン…です…』

『何するところ?』

『えっ? せ、精子を造るところ』

『誰の精子?』

『ナースさま…ナースさまの精子です…』

『わたしには造ってくれないの?どんな精子かな…』

『・・・。濃くて、匂いがして、とってもたくさん…ドロドロの…』

『あら、泣きそうね。言葉がコドモよ…』

『し・ご・か・せ・てっ!ねぇ、しごかせてくださいっ!』

『ダ~メっ…』

『僕の精液、早く見て!見てくれる?舐めるから…』

『あま~い…!さあ、もう一度…。次はここよ…』

立て板に水の彼女の言葉に焦らされ、淫茎にパンティの感触を感じながら、というより亀頭に布の感触を感じたくてカラ腰を振ってしまいました。彼女の淡いブルーのパンティが股間で踊ります。僕の視点はやや上向きで宙に浮いています。


たっぷり彼女の前で裸踊りをさせられた後で、『しゃせいしたせいえきをなめさせてくださいっ!』という言葉で許していただき、『パンティくわえて寸止めオナニーショー』の許可が下りました。この時点になると、もう正常な理性は抜き取られてしまいました。彼女が股間からパンティをつまみ上げ、僕の目の前にひらひらさせると、それにつられてはぁはぁ喘ぎます。

『ねぇ…寸止めの合図、考えといてくれた?』

『はい…。くわえたままで首を振ります…』

『それだけなの~。つまらない…』

『いっしょうけんめい振ります…』

『それだけ?』

『必死で振ります…』

『もうひと声…』

『・・・・・』

『どうしたの?』

『な・か・せ・て・い・た・だ・き・ますっ!』

で、やっとパンティを与えていただきました。ここからは寸止めオナニーショーと射精披露宴のコラボとなりました。彼女が寸止めオナニーショーを堪能して、ほどよく僕のSOSを無視する気になった瞬間、射精披露が確定してしまうのです。


赤暗い部屋で膝立ちでオナニーを見られている…。女のひとに見られている…。そのひとのパンティをくわえさせられている…。そのひとはリードを持ち、僕はそのひとに射精の権利を完全に委ねてしまっている…。この状況におかれていると自覚しただけですぐに射精感が襲ってきます。そのたびに激しく頭を振り、涙目で彼女へSOSの眼差しを送ります。

『うん゛~っ…。うん゛~っ…』

ぐいっ!

『ふぅふぅ…』

『もうダメなの?もう一回…』

『うん゛~っ…。うん゛~っ…』

ぐいっ!

『ふぅふぅ…』

『まだダメね…。もう一回』

『うん゛~っ…。うん゛~っ…』

ぐいっ!

『ふぅふぅ…』

『もっと、な・き・な・さ・い…』

こんな様子でしごく手をエスカレートさせられ、恥ずかしい言葉を要所に打ち込まれました。左足の横に置いていたステン皿を真下に置くと、彼女は右足をその上に置き、

『射精のドクドクくらい私に分けてくれるでしょ?感触、もらっていいでしょ?』

とおっしゃいます。

(はい…主賓のナースさまのかわりに…ナースさまのかわりに…)

『うん゛~っ…。うん゛~っ…』

ぐいっ!

『ふぅふぅ…』

いつでも彼女の足の甲に放精できるよう、左手を彼女の足に添えます。彼女もそれに気づき妖しい笑みを浮かべます。

『ほ~ら…もうダメかしら?イキたいの?私に負けて、イキたいの?…』

『うん゛~っ…。うん゛~っ…』

ぐいっ!

『ふぅふぅ…』

『はい、もう一回…』

もう10秒ごとに寸止め状態に上がってゆき、SOSでパンティを激しく振り、リードを引かれてストップさせられ、その繰り返しになっています。この状況がづっと続いていくのでは…と気が遠くなってしまいました。涙がいっぱいに溜まります。しかし、射精披露の瞬間は確実にやってきました。

『うん゛~っ…。うん゛~っ…』

『ほ~ら…せ・い・よ・く・に・ま・け・な・さ・い…』

こんな言葉で・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おなざる改めボクちゃん、とっても素敵な射精披露宴じゃないの~凄いわ。嬉しいわ。明日香さんが私とあなたに、だんだんと心を開いてくれるのが、特に嬉しいわね。

明日香さんの射精奴隷にしてもらって、よかったわね~。これからは明日香さんと精液を半分ずつにするわ。だから『明日香さんと私の精液』ってちゃんと答えるのよ。

次回の射精披露宴までに、また明日香さんのところに寸止めオナニーショー、足置き、足指舐め&淫核舐めをさせに行かせてあげるわね。コメントを確認してくれたら、明日香さんの香りとぬくもりを思い出して、寸止めフェイクショー3回を私たちに捧げなさい。そして、記事3へのお願いも忘れずにね。

ナースさま…彼女のことですから、心の中で周到な計画を立てているに違いありません。ちょっとこわい気もしますが、嬉しいです。彼女のこの度の変化に、身をまかせたいと思います。

彼女に僕の精液を半分分けていただいて、ありがとうございます。足の甲とかで、ガチガチにめり込んだ睾丸をおさわりされ、『ここは誰の精液を造るところ?』って聞かれたら、よろこんで『明日香さまとナースさまの精液ですっ!』ってお答えしますからね…。

彼女のところでは僕はせっせと射精奴隷にならなければなりません。寸止めオナニーショーを披露し、足置きになり、足指舐めや淫核舐めをしなくてはなりません。それに応じた悶えや精神の浸食を捧げなくてはなりません。健康なお二人に精液を分けていただくため、倍の量で倍の濃さで倍くらい強い匂いの精液を捧げることができるようになにならなければなりません。だからナースさま、よろしければ引き続き記事3での射精管理をお願いいたします。

喉のひだひだにこびりついた明日香さまとナースさまの精液が、まだひりひり僕をいじめます。まるで変声期に戻された気分です。四つん這いでおしっこしにゆくと、射精筋がまだひくついて麻痺しているようで、変な気がします。これから3回の寸止めフェイクショーを捧げるかと思うと、腰骨の奥がぞくぞくしてきます。

時間が遅くなってしまいましたので、今夜のお二人のためのフェイクショーはナイトショーですね。ナースさまんとこは、お酒でもお飲みになりながらダーリンさまとおくつろぎくださいね。たまに、

『オナニーでないとイケないんだってね!』

とか、

『セックスではイケないはずよね!』

とか

『だって私が命令しないとイケないんですものね!』

とかなんて、ヤジっていてくださいね。

この前の夜、『明日香とnicenurseさまのモノ』ってマジック刺青をしてもらいながら、彼女が『モノ』っていいわね(笑)、って言ったのをふと思い出しました。モノに『おなざる』なんて固有名称、なまいきですね。彼女が使うことにした呼び名、ちゃんづけでお願いできたらと思います。

ボクちゃん、記事3に進むわね。そちらにコメントしてね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。