FC2ブログ

プロフィール

nicenurse

Author:nicenurse
元看護婦でダーリンの射精管理を楽しんでいます。最近何人か「射精管理して欲しい」って素敵な方が現れて嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みのるさんへ1

みのるさん、勇気を出して射精管理の世界に堕ちる覚悟ができたのね、素敵よ。あなたがしなければならないこと、もうわかっているわよね? 全裸正座して私に射精管理をお願いする事から始めるのよ。それが済んだらあなたの股間で勃起している淫茎の所有権を私に捧げる儀式、寸止めオナニー3回をなさい。

最終射精日、性癖、オナニー射精する時に使っていた道具や妄想、ちゃんと白状するのよ。それからあなたがこっそり隠れて読んでいた記事を3つ、教えなさい。報告待っているわ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : オナ日記 - ジャンル : アダルト

コメント

ナース様、お返事ありがとうございます。いいつけどおり、全裸正座で射精管理のお願いをさせていただいてから、三回寸止めオナニーをいたしました。正直、こんなに寸止めがつらいものだとは思いませんでした。今まではほぼ毎日、たまに一日に2、3回していましたので出したくて出したくてたまらなkったのですが、やっと我慢できました。初回でこれだけ辛いですので今後がとても心配ですが、今からの管理をよろしくお願いしたします。
最終射精日は18日です。その日は2回してしまいました。性癖はMで女性に奉仕したり、女性の目の前でオナニーさせられたり、いじめられたり、他の男性に寝取られたりしてる小説をインターネットでや本で探してオナニーしてきました。
オナニーの道具ですが、あまり道具は使わないのですが、たまにオナホールを使ってました。また、アナルを攻められてる妄想のときに、アナルプラグを使ったことがありますが、切れて血がでてきました。
こっそり読んでいた記事は、いじめられる包茎、M男的台詞画像&寝取られマゾ的台詞付き画像
男性レズビアンです。告白したのは初めてなのでとても恥ずかしいです。
このような報告でよろしいでしょうか。よろしくお願いいたします。

みのるさん、射精管理の甘美な世界にようこそ。寸止めオナニーって素敵でしょう? 性欲を自分で処理する為に淫茎を握って扱くのに、射精寸前で手を離すことを強要されるのよ。単に射精を我慢するのでなく、いやらしい気分になった上で射精寸前で刺激を失うの。私の淫茎は急になくなった刺激を求めてピクピクと痙攣したんじゃないかしら?素敵だわ。

明日から朝昼晩の寸止めオナニーを私に捧げる事を忘れないでね。我慢できなくなったら『射精させて下さい』ってお願いするのよ。たまには聞いてあげるからね。

ナース様
今週は出張だったため報告できずに申し訳ありません。出張中は朝昼は忙しかったため、夜まとめて3会回したりしました。勝手にやり方を変えてしまってすみません。
ナース様、お願いがあります。どうか射精をさせてください。もう、辛くてたまりません。寸止めする瞬間、「あ~っ」と声まで出てしまします。お願いです射精の許可をお願いいたします。

みのるさん、おはよう。コメント待っていたわ~。それであなたの射精披露宴のアイデアはどういうのかしら? どこでどんな風に私に射精を捧げてくれるつもり? 外出先でも部屋でもどこでもいいわ。あなたのアイデアが気に入ったら、それを修正して射精披露させてあげるわよ~。

私の精液がどれだけ溜まったのか見物よね。アイデア楽しみにしているわ。

ナース様、なかなかいいアイデアが浮かびませんでしたが、こういうのはどうでしょう。私には今彼女がいます。たまに会いますが今度会ったときにエッチをしようと思っていますが、エッチのときは射精してはいけないのです。最後はイッたふりをします。スキンをつけておけば射精していないのはばれません。そして彼女が寝たあと一人でオナニーするのです。彼女とエッチしても射精が許されず、寝た後一人でオナニーするしかない、というのはどうでしょうか。

みのるさん、いいわよ~。少し修正してあげるわ。

まず彼女にエッチを断られたら、その日を含めて3日間淫茎刺激禁止ね。射精披露宴はその後で。

彼女とエッチできた時は、まずあなたは少なくとも寸止めエッチ3回はすること。エッチ前から充分に彼女にサービスして、彼女にエッチを堪能してもらうこと。彼女が楽しんだ後に渾身の演技で射精を演じることね。彼女の肉壷で散々扱き上げられても射精は禁止よ。朝にもう一度彼女の身体を求めなさい。そして応えてくれたら再度寸止めエッチ。彼女が帰宅して部屋で独りになってから私に射精を披露。朝のエッチを断られたら『オナニーしていい?』って彼女にきいてみるっていうのはどうかしら?

ナース様、アイデアありがとうございます。仕事が忙しくて返信が遅れて申しわけありません。とてもすばらしいアイデアです。明日、金曜彼女と会います。ナース様の言いつけどおり、実行したいと思います。ああ、嬉しいです。念願の射精ができると思うと今から興奮します。どんなことがあってもエッチのときは漏らさないもうにいたします。イきそうになったら、「体位を変えよう」と言って時間を稼ぎ、射精感を抑えます。ナース様、射精を許可してくださってありがとうございます。

みのるさん、あなたの射精披露宴は明日なのね。って言っても朝以降だから正確には土曜日の朝以降って事よね。報告楽しみに待っているわ~。

個人的には朝に彼女にエッチを断られて、彼女にオナニー見てもらいながら射精披露っていうのが最高なんだけどね。彼女の肉壷でもなく、彼女の手でもなく、彼女の体温を感じながら自分で淫茎を扱いて射精披露するのよ~。

ナース様、射精披露の報告をいたします。
金曜の夜、彼女と会い、ご命令どおり寸止めエッチをいたしました。挿入前にたっぷりと時間をかけ彼女を感じさせました。そして、いよりよ挿入です。彼女の中に生で入れました。久しぶりのエッチで、なおかつ、ナース様の精子をいっぱい溜めていたのですぐ射精しようになってしまいました。あわてて、「そうだ、コンドーム着けなきゃ」と言って、抜きました。彼女は「えっ」って感じでした。いつもより着けるタイミングがはやかったからでしょう。装着後、正常位で挿入しました。しかし、すぐ、いきそうになったため、「バックにしよう」と言い、体位を変えました。彼女は今度は「えっ」と声をあげました。「今夜はバックがいいんだ」みたいな感じでごまかし、バックで挿入しました。今度は彼女も感じ始め、「あ~っ」と声をあげはじめました。その声を聞くと
、また射精しそうになりました。頭のなかで会社の上司の顔や仕事のことなどエッチに関係のないことをいろいろ考えましたが、だめでした。彼女の声と久しぶりのエッチでもう限界が目の前でした。彼女が「あ~っ、気持ちいいっ」と言ったとき、もう限界と思ったため「あっ、イクっ」と言って彼女にしがみつきイッた振りをしました。彼女は「あ、あ・・・」という感じで、まだいっていないようでした。しかし3回の寸止めが終わっていますので、彼女には「とっても気持ちよかったよ」といい、コンドームを見られないようにはずし、そそくさと寝たふりをしました。当然、欲求不満ですぐ寝れるわけもなく、悶々としながらひたすら眠くなるのを待ちました。精子をいっぱい溜めての寸止めエッチは自分との戦いです。もう出したくてだしたくてたまらないのに我慢しなければならないのです。辛い夜が明け、朝になりました。目が覚めると彼女はまだ寝てました。すぐ、胸を触り愛撫を始めました。彼女も起きたため、コンドームをつけ、上に乗り挿入しました。彼女も「あ~っ」と声をあげはじめました。それと同時に射精しそうになり、「あ~っ、イク~っ」といって彼女にしがみつきイッタ振りをしました。彼女は「・・・・・・・」みたいな感じでした。とりあえず「久しぶりだからすごく感じたよ、などど言ってその場をごまかしました。結局彼女も寸止めエッチになったようです。
一緒にブランチを食べた後、彼女は帰りました。
やっと、射精できます。
私は、自分の好きな、M男的台詞画像のページを開き、寸止めさせられてる画像やパンストの画像を見ながら、ナース様のパンストをなめさせられてるとこや、オナニーを見られてるとこを想像しながら、しごきました。行く瞬間{ナース様、射精させていただいてありがとうございます~っ」と心の中で叫びながらいきました。気持ちよくて思わず「ああっ」と声が出ました。左手にはナース様の精子がいっぱい出ました。この精子もナース様のものなんだと思うと管理されている実感がさらにわきました。ナース様の精子をテッシュで処分させていただき、私の射精披露は終わりました。



みのるさん、素敵な射精披露宴になったじゃない。彼女の肉壷で寸止めさせられるのは、とっても辛いでしょ~。夜のエッチは彼女にちゃんと奉仕できたようでいいけれど、朝のエッチはダメじゃない。ちゃんと彼女を満足させてから、『入れていい?』って聞かなきゃ。

彼女の肉壷で寸止めした淫茎はもうはち切れそうな勃起だったんじゃないかしら? 部屋で独りで射精披露宴しなきゃならないって惨めて嬉しかったでしょ?

彼女からもらったプレゼントあるかしら? 明日はそれを眺めながら変態オナニー射精1回を私に捧げなさいね。

ナース様、報告遅れて申し訳ありません。昨日は彼女からもらったTシャツを眺めながら、オナニーしました。しかし、彼女の妄想よりもナース様のことを想像してしまいました。ナース様のパンプス脱ぎたてのつま先や舐めさせていただき、たまたまをそのまま踏んでいただいて、たまたまがひしゃげて精子が飛び出してきそうなくらいになって、私はその痛みがなぜか快感に変わっていくのです。「あ~っ」そのうような妄想をしながらまた大量に射精いたしました。気持ちいいです。ナース様ありがとうございます。
彼女とのエッチは、いくら感じていきそうになっても絶対射精は許されず、また、彼女も、陰茎では十分満足させられず、彼女が帰った後、ひとりで射精するしかない。あ~、なんて惨めなのでしょう。でもそれが快感となってしまったのです。もしかしたら、今後は彼女の肉壷では二度と射精は許されないのかもしれないと思うと勃起してしまう陰茎をすごくいやらしいと感じてしまいます。

みのるさん、素敵なまたまた素敵な射精披露ね、嬉しいわ。惨めな感じがまた快感を呼び起こしてくれるのね。さぁ、これからどうしたいのかしら? あなたが望むなら『みのるさんへ2』なんてタイトルの記事を書くわよ~。

ナース様、とてもありがたいお言葉ありがとうございます。大変嬉しく思います。どうか2の記事をお願いいたします。そしてもっともっと惨めにしてくださいませ。それから今後はもう呼び捨てで結構でございます。身も心もナース様に捧げたいと思います。

みのるのお願いだから2の記事を書くわね。そちらにコメントしてね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。